~志布志市へおいでよ~志布志市の環境政策を紹介します

2013年1月8日

ものを大切に ひとを大切に

行動の基準は「環境にやさしいか」

 

 全国の皆さん、ここに志布志市の環境政策をご紹介します。

 私たちは行動の基準を「環境にやさしいか」としています。

 使っていらなくなった物は、きれいに洗って出します。

 袋には名前を書いて、出したごみに責任を持ちます。混ぜればごみ、分ければ資源です。

 このようにものを大切にする心が人を大切にする心にもつながっていくと思います。

 ぜひ志布志市におじゃったもんせ(おいで下さい)。 

                    鹿児島県 志布志市長 本田修一 

 

 

【研修・視察の案内】

 志布志市は、ごみ焼却施設がありません。ごみはすべて埋立処分していました。

 このままごみを埋め立て続けると・・・平成2年に完成した埋立処分場は、平成16年で満杯になると推計されていました。

 埋立処分場の延命化を図るため、分別して埋立ごみを減らす取組みを行政・市民が一丸となって始めました。

 その結果、埋立ごみが8割削減され埋立施設の延命化が図られました。

 また私たちの取組みは、埋立施設の延命化のみならず、リサイクル率の向上(平成17年度~平成26年度において市では全国1位のリサイクル率です)、市民の意識の向上に繋がりました。

 ごみ処理でお困りの市区町村のみなさま、志布志市へお越しください。

 私たちの取組みが、問題解決のための参考になるかもしれません。

 研修と市内宿泊を組み合わせてご提案いたします。研修・視察内容は以下のとおりです。

 

 ・ 志布志市の環境政策の紹介
    志布志市の環境政策のお話をします

 

 ・ 資源ごみ中間処理施設視察
    資源ごみ中間処理施設(そおリサイクルセンター)を視察します

 

 ・ 生ごみ堆肥化処理施設視察
    生ごみ堆肥化処理施設(そおリサイクルセンター松山有機工場)を視察します

 

 ・ 一般廃棄物管理型最終処分場視察
    一般廃棄物管理型最終処分場(清掃センター)を視察します


    
 ・ 実際のごみ出し・収集状況視察
    市民の実際のごみ出し状況と収集状況を視察します

 

 ・ 緑化資材製造施設の視察
    焼酎かすと草木から緑化資材製造施設を視察します

 

 ・ 平成の名水百選「普現堂の湧水源」の視察
    湧水の保全活動を視察します

 

                         など

 

 まずは、お電話にてご連絡ください。ご希望の研修・視察を盛り込んだ研修・視察日程を作成いたします。

 

 

お問い合わせ・申し込み先

 

志布志市役所 市民環境課 環境政策室

電話 099-474-1111(内線131~134)  FAX 099-471-4407

E-mail kankyou@city.shibushi.lg.jp

 

 

 

お問い合わせ

市民環境課
環境政策室 環境政策係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281