住民基本台帳カード(住基カード)・電子証明書の発行について

2015年2月6日

  ◆◆◆住民基本台帳カード(住基カード)とは?◆◆◆
 
 住民基本台帳カード(住基カード)は、ICカードが使われています。
 このカードは希望する人のみに発行するもので、写真付きと写真なしの2タイプがあり、どちらかを選ぶことができます。有効期間は発行後10年間ですが、有効期間内であっても、市外転出(付記転出を除く)、住民票コードの変更等を行った場合、カードは使用できなくなります。
 市内で住所を変更した場合や婚姻などで氏名が変わった場合は、新しい住所や氏名を裏面に記載しますので、窓口までお持ちください。
 写真付きの住基カードは、運転免許証などと同様に公的身分証明書として活用できますので、運転免許証を返納されたりして公的身分証明書がなくなった高齢者の方等には便利です。
 また公的個人認証サービスの電子証明書を記録できます。

 

 ◆◆◆住基カードの申請方法◆◆◆

 住基カード発行の申請は、希望者本人が窓口にて行います。
 交付手数料は500円です。
 ※土日祝日・年始年末は、取り扱っていません。

◆運転免許証などの顔写真付きの公的身分証明書を持っている人
・窓口に本人が、印鑑、運転免許証・パスポートなど官公署が発行した顔写真付きの証明書を持参し、申請を行います。

◆顔写真付きの公的身分証明書を持っていない人
・窓口に本人が、印鑑、健康保険証・年金手帳などの本人確認書類を持参し、申請を行います。
・申請後、本人確認のため、照会書兼回答書が住所登録地に送付されます。
・再度申請された窓口に本人が、回答書に必要事項を記入し、印鑑、健康保険証などの本人確認書類とともに持参します。

※写真付きカードを希望する人は、窓口にて写真撮影をします。(無料)
※交付の際、暗証番号(4桁の数字)を申請者本人に入力していただきます。

 

 ◆◆◆ 電子証明書の発行について◆◆◆

 公的個人認証サービスを受けるためには電子証明書が必要になります。
 電子証明書の申請は、希望者本人が窓口にて行います。
 ※土日祝日・年始年末は、取り扱っていません。

◆手続きに必要なもの
・住民基本台帳カード
・運転免許証などの顔写真付きの公的身分証明書(写真付きの住民基本台帳カードの場合は不要)

◆発行手数料
 1通500円(住民基本台帳カードを同時に取得する場合は、500円が追加されます。)

◆有効期間
 電子証明書の有効期限は発行した日から3年間です。
 ただし氏名、住所に変更があった場合はその届出があった時点で自動的に失効します。
 引き続き使用される場合は更新手続きをとられるか、失効後、新規発行の手続きを行ってください。
 電子証明書の有効期間満了3ヵ月前から電子証明書の更新が可能になります。

※交付の際、パスワード(4桁以上16桁以内の大文字英数字)を申請者本人に入力していただきます。
 ※電子証明書を記録した住民基本台帳カードは、紛失、盗難等のないよう大切に取り扱ってください。また、他人に譲渡・貸与しないこと、パスワードをみだりに他人に知らせないこと、パスワードを定期的に変更するなど、取り扱いには十分注意してください。
※電子証明書を利用するには、ICカードリーダライタが必要です。

 

◆◆◆詳細な情報については、次のホームページをご覧ください。◆◆◆

 

お問い合わせ

市民環境課
市民係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281