犬の登録・飼育に許可が必要な動物

2006年2月3日

■犬を飼い始めたら

 新しく犬を飼い始めたときは、犬種に関係なく登録が必要です(生後91日以上経過した犬)。

 

 

■次の時には届出が必要です

  ・飼い犬が死亡したとき

 

  ・飼い主の住所が変わったとき

 

  ・飼い犬の飼い主が変わったとき

 

 

■狂犬病予防注射は毎年受けなければなりません

 年に1回巡回による集合予防注射または動物病院で必ず受けてください。犬を登録している飼い主には事前にお知らせします。登録していない犬の飼い主はお問い合わせください。

 

※飼い犬に咬まれたら、被害者はすぐに医師の治療を受け、飼い主、被害者共に必ず保健

 所に届け出てください。

※犬が飼えなくなったら保健所にご相談ください。

※野犬、放し飼い犬の苦情は、保健所までご連絡ください。

 

 

■飼育に許可が必要な動物(危険動物)

 次の動物を飼うときは事前に保健所の許可が必要です。

 

 ・アリゲーター 

 

 ・かみつきがめ等 

 

 

 志布志保健所 Tel472-1021

 

 

 飼えなくなったら保健所にご相談ください。危険動物を自然に放すのは危険です。

お問い合わせ

市民環境課
環境政策室 環境政策係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281