「障害者虐待防止法」が施行されました ~障がい者への虐待を発見した方は通報の義務が生じます~

2012年10月1日

    「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(通称:障害者虐待防止法)」が平成24年10月1日に施行されました。
  この法律は、障がい者への虐待を禁止するとともに、国民の責務として、障がい者虐待の防止やその家族の支援等の重要性に関する理解を深め、通報の義務や協力体制を求めています。
  また、学校、医療機関、障害者福祉施設等障がい者に近い立場にある関係機関は、虐待の早期発見に努めるよう規定されています。

 

■どのようなことが虐待なのでしょう。
1 身体的虐待・・・暴力や体罰によって、身体に傷やあざ、痛みをあたえること
  例)平手打ちする。殴る。つねる。無理やり食べ物や飲み物を口に入れるなど


2 性的虐待・・・無理やりわいせつなことをしたり、させたりすること
  例)性交。性器への接触。性的行為を強要する。裸にするなど


3 心理的虐待・・・おどし、侮辱などの言葉や態度、無視、嫌がらせなどによって精神的に苦痛  を与えること
  例)どなる。ののしる。「バカ」「あほ」など侮辱する言葉を浴びせる。子ども扱いするなど


4 放棄・放任(ネグレクト)・・・食事や入浴、排泄、洗濯などの世話や介助をせず、生活環境や身体・精神状態を悪くすること
  例)食事や水分を十分に与えない。劣悪な住環境で生活させる。必要な福祉サービスを受けさせないなど 


5 経済的虐待・・・本人の同意なしに財産や年金、資金を使ったり、理由なくお金を与えないこと
  例)年金や賃金を渡さない。財産や年金、賃金を勝手に使う。生活に必要なお金を与えないなど

 

■虐待を見つけたら!
  障がい者が、家族、施設などの職員、職場などで虐待されていることに気づいた場合は、すみやかに通報してください。虐待を防止するためには、一人ひとりの気づきが大きな鍵です。また、介護疲れなど障がい者の家族への支援も必要な場合もあります。通報された方の個人情報が他に漏れることはありませんのでご連絡ください。
  通報後、市では情報収集や訪問を行い、緊急性がある場合は立入調査をし、被虐待者を保護します。

 

【通報先】
 志布志市障害者虐待防止センター(志布志市役所福祉課内)
 099-474-1111 内線172、173、160
 

お問い合わせ

福祉課
社会福祉係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281