市長コラム 一途一心(平成24年2月)

2012年6月7日

「一途一心」という言葉があります。「ひたすら、ひたむき」を意味する言葉ですが、私のごみ収集活動の先生である、イエローハット創業者の鍵山秀三郎さんが成功の秘訣を問われた際に、「成功のコツは二つある」と答えて白板に「コツコツ」と板書した、という話があります。コツコツとはすなわち一途一心、その根底にあるのは無心であり、人間は雑念、妄念が入ってはコツコツにはなれない、ということです。

 先日、大相撲の九重親方が、初場所を終えた志布志出身力士、千代鳳さんと千代丸さんを連れて市役所を訪れました。千代鳳さんが西幕下筆頭として6勝1敗という好成績を収め、来場所には十両へ昇進が確実となり(25日に昇進決定)、兄の千代丸さんも5勝2敗と勝ち越し、その報告のための訪問でした。

 千代鳳さんは志布志中学校を卒業後、先に九重部屋に入門していた兄に続いて相撲道を目指しました。親方によると、彼は極めて稽古熱心で、ただひたすらに稽古を積んだ結果、関取になれたということです。日本人としては栃煌山関以来となる10代での十両昇進、そして本市では陣岳関以来、約30年ぶりとなる関取の誕生です。

 彼の真摯な姿を今後も応援していきたいと考え、後援会組織を立ち上げることとなりました。市民の皆さんも、ぜひ応援していただき、さらに上位の力士になることを楽しみにしていただきたいと思います。

 さて、1月7日から15日までの期間、東京ドームで全国ご当地どんぶり選手権大会が開催され、昨年のS1グルメグランプリチャンピオンである本市の背白ちりめん三昧丼が初挑戦しました。市としても、当事者である志布志せじろちりめん黒潮隊をバックアップしてドームに乗り込んだところであります。

 結果は、残念ながら上位入賞には及ばなかったものの、行列が途絶えることもなく健闘しました。大会後、来年、再来年と捲土重来を期し、努力と工夫をコツコツと重ねて優勝を目指したいと、メンバーの皆さんも意気盛んでした。

 このように、志布志の皆さんが多方面にわたり、ひたむきに頑張って成果を出しています。そうした皆さんと共に、市でも「一途一心」、「コツコツ」と福利向上を目指して参ります。

お問い合わせ

総務課
秘書広報係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281