市長コラム 日本一のまちづくり(平成22年10月)

2012年6月6日

 市では、「日本一」のまちを目指して、様々な取組みを行っています。

 まず、健康面についてですが、近年の医療費の状況から、平成20年7月の改定により、国民健康保険税を引き上げざるを得ませんでした。しかし、それでも医療給付費の増加は続いています。この状況を重く受け止めて、健康増進について一生懸命取組み、その結果が徐々に表れてきています。

 平成21年当初、5%と見込まれていた医療費の増加率が、最終的に3%に留まりました。さらに、今年3月から5月までの4半期の増加率は、マイナス7.6%という驚くべき数字が報告されています。

 年間を通した結果がどうなるのかまだまだ分かりませんが、もしこの数字を保つことができたとすれば、画期的なことです。これは、市民の皆さんの健康増進運動に対する全面的な取組みの成果だと思い、感謝しております。

 誰もが皆健康でありたいと思っていますし、健康であればそれが幸せの素になるものだと思っております。

 本市を「日本一元気な高齢者のいるまち」にしていきたいと考えていますが、今回報告された数字は、その達成を期待できる結果であると受け止め、これからもこの勢いで健康増進に取り組んで参ります。

 次に、ICT(情報通信基盤整備)事業についてです。9月21日、市ブロードバンド施設を利用したサービス提供事業を委託をする(株)BTVとの、締結調印式が行われました。

 昨年から取組み、様々な課題を乗り越えて締結に至った公設民営方式のシステムに対し、同社をはじめ同席された国、県の関係者の方からも「日本一」というお褒めの言葉をいただきました。

 完成後はインターネット、ケーブルテレビを除き、市民負担ゼロでサービスの提供ができる本事業を活用して、「ICT日本一のまち」を目指していきたいと思っています。

 また、9月16日には職員による「志のまち防犯パトロール隊(青パト隊)」を発足させ、大勢の参加者に見守られる中、晴れやかに出発式を行いました。

 車上ねらいや住宅対象侵入盗、声かけ事案の発生率が県内でも上位に位置している市の犯罪状況を改善するべく、発足に至った青パト隊の車両台数は、市内既存の青パト隊と合わせて143台となり、人口割りで全国一となりました。

 今後は、青パト車の数だけでなく犯罪発生率の低い「日本一安全・安心なまち」を目指し、まずは県下一を目標に取り組んで参ります。

お問い合わせ

総務課
秘書広報係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281