市長コラム 政権交代(平成21年10月)

2010年6月25日

政権交代
 ご存知の通り、先に行われた衆議院選挙により民主党が与党となり、政権交代が行われました。
 現在のところ政府から具体的な方向性が示されていませんが「地方分権」「地方主権」を掲げていますので、現在取り組んでいる市の施策や事業については影響がないものと期待しています。
 さらに、二酸化炭素(CO2)等の温室効果ガスを1990年と比較して25%削減するという高い数値目標を掲げていますが、市では、市民の皆様の協力のもと資源ごみの分別に取り組んでいるほか、10月1日からはレジ袋の有料化を開始するなど、先進的な取組みを行っておりますので、このことを生かして市としても貢献していきたいと思っています。
 また、来年度から段階的に高速道路の無料化を政策の目玉としています。市といたしましては観光資源を充実させ、多くの方に志布志市に訪れてもらう一方、新鮮な市内産の農畜産物や魚介類等をブランド化して、低コストで全国に輸送できるような取組みも行いたいと考えています。
 ところで、鳩山総理は政策のなかで「友愛外交」を提唱していますが、このことは現在、市で進めている「志のまちづくり(「高い志・慈愛の精神)」に通じるものがあります。これは「価値観の異なる国に対して互いの立場を認め合いながら、共存共栄をしていく」という趣旨の外交方針ですが、相互尊重、相互理解、相互扶助といった相手を思いやる慈愛の精神にほかなりません。慈愛という「充ち足りた情感が自然とあふれ出て、皆の心が充たされる様」は難しいようですが、幸せの視点を「自分」から「みんな」に移すことで、実現可能だと思います。
 話は変わりますが、9月13日、マリナーズのイチロー選手が9年連続200本安打の大記録を打ち立てました。自己主張の強いアメリカ社会でも彼の野球への真摯な姿や寡黙で練習熱心、積み重ねた力を発揮する様に共感する人が多いといいます。まさに「武士の姿」で同じ日本人として誇らしく思うとともに、私たちも日々の出来事に真摯に取り組むことが大切だと改めて感じました。
 最後に、先ほども述べましたが、10月からレジ袋有料化が始まりました。ご存知のとおり、この取組みにつきましては限りある資源を大切にするとともにポイ捨てごみの削減、温室効果ガスの削減に向けたものですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

総務課
秘書広報係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281