高額な診療を受ける皆さまへ

2011年5月30日

国民健康保険制度及び後期高齢者医療制度では、標準負担額(入院時食事代の一部負担金)や一部負担金を減額する制度があります。

本年度から、外来時の一部負担金も対象となりました。

 すでに減額認定を受けている方の現在お持ちの減額認定証の有効期限が平成24年7月31日までとなっています。

 

**国民健康保険で認定証を受けていた方**

 平成23年8月以降に医療機関等で治療を受け、国保の「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けていた方は、今年の8月以降の治療分については所得による適用区分の見直し(※)のため平成24年8月1日以降に再度交付申請が必要となりますので申請をお願いします。

(※)窓口支払いの上限額(月額)は所得に応じて異なり、毎年見直されます。


【申請に必要なもの】
○保険証
○印鑑
○限度額適用・標準負担額減額認定証
  (現在、認定を受けている方のみ)


【受付場所】

○志布志市役所 本庁保健課・志布志支所福祉課・松山支所市民課

   申請書のダウンロードはこちらから

   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

**後期高齢者医療で認定証を受けていた方**

 平成23年8月以降に医療機関等で治療を受け、後期高齢者医療の「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けていた方は、今年の8月以降の治療分については7月中旬頃に保険証と同時に送付します新しい減額認定証を使用されますようお願いします。
 また、新たに医療機関受診時に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要な方は申請が必要です。

 

【申請に必要なもの】
○保険証
○印鑑

 

【受付場所】

○志布志市役所 本庁保健課・志布志支所福祉課・松山支所市民課

 申請書のダウンロードはこちらから

   ↓↓↓↓↓↓

 

 

【お問合せ先】
    志布志市役所
    本庁       保健課 国民健康保険係  474-1111(内線123~125)
    志布志支所  福祉課 保健係        472-1111(内線207~209)
    松山支所  市民課 保健係         487-2111(内線274・275)

 

 

お問い合わせ

保健課
国民健康保険係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281