4m未満の道に接する土地に建築物の建築をしようとする場合

2007年12月11日

 都市計画区域内で建築物を建てる場合、災害等が発生した場合に緊急車両等が通行できる広さを確保するため、建築物の敷地は幅員4m以上の道路に2m以上接していなければなりません。
 前面道路が4m未満の敷地に建築物を建てる場合は、道路の中心から2m後退し、その線を道路の境界線とみなして建築することができます。これをセットバックといいます。なお、後退した部分は敷地面積に算入できないほか、塀や門も築造することはできません。また、建ぺい率や容積率の計算の基になる敷地面積に含めることもできません。

 

4m未満の道に接する土地に建築物の建築をしようとする場合

お問い合わせ

建設課
都市政策推進室 都市計画係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281