用途地域

2007年12月11日

都市では、住居・商業・工業などの土地利用は、似たようなものが集まると、効率的な活動を行うことができます。

 

都市計画では、土地利用をいくつかの種類に区分し、用途地域として定めています。

 

用途地域では、建築物の用途の制限とあわせて、建ぺい率や容積率などの建築物の建て方のルールが定められています。これによって、土地利用に応じた生活環境の確保が図られるようになっています。

 

 

 

用途地域の種類 

 

 志布志都市計画区域は、第二種低層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、準住居地域、工業専用地域を定めている地域はありません。

 また、大隅(松山)都市計画区域は用途地域を定めていません。

 

 

第一種低層住居専用地域 低層住宅の良好な住居の環境を保護する地域
第二種低層住宅専用地域 主に低層住宅の良好な住居の環境を保護する地域
第一種中高層住居専用地域 中高層住宅の良好な住居の環境を保護する地域
第二種中高層住居専用地域 主に中高層住宅の良好な住居の環境を保護する地域
第一種住居地域 住居の環境を保護するための地域
第二種住居地域 主に住居の環境を保護するための地域
準住居地域

道路の沿道において、自動車関連施設などの立地と、これと調和した

住居の環境を保護するための地域です。

近隣商業地域

まわりの住民が日用品の買物などをするための地域です。

住宅や店舗のほかに小規模の工場も建てられます。

商業地域

銀行、映画館、飲食店、百貨店などが集まる地域です。

住宅や小規模の工場も建てられます。

準工業地域

主に軽工業の工場やサービス施設等が立地する地域です。

危険性、環境悪化が大きい工場のほかは、ほとんど建てられます。

工業地域

どんな工場でも建てられる地域です。住宅やお店は建てられますが、

学校、病院、ホテルなどは建てられません。

工業専用地域

工場のための地域です。どんな工場でも建てられますが、住宅、お店、

学校、病院、ホテルなどは建てられません。

 

 
 
 

志布志市の用途地域

種類

第一種

低層住居

専用地域

第一種

中高層

住居専用

地域

第一種

住居地域

第二種

住居地域

近隣

商業

地域

商業

地域

準工業

地域

工業

地域

白地

(用途

地域

指定

なし)

容積率

(%)

80

200 200 200 200 400 200 200 400

建ぺい率

(%)

50 60 60 60 80 80 60 60 70

 

 志布志都市計画区域および大隅都市計画区域の一部(松山)には、防火地域、準防火地域、高度地区などの制限はありません。

 

 

リンク

志布志市土地開発公社(志布志市により設立された、公有地の拡大の推進に関する法律に基づく特別法人です)

お問い合わせ

建設課
都市政策推進室 都市計画係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281