「タイヤロック装置」により公平・適正な徴収対策を図ります

2012年11月30日

 志布志市では、納税交渉、差押えを含め、各種財産についての厳格な滞納処分など、公平・適正な徴収対策を図っていくため、鹿児島県や他の市町村でも実績をあげている「タイヤロック装置」の導入を計画しています。

タイヤロック装置例

    タイヤロック装着例

1 対象者

  再三の催告に応じない、市税・国民健康保険税等の滞納者(個人及び法人)

2 取組み概要

  差押予告書を発送し、納付や納税相談がない場合には、タイヤロック装置を用いて、自動車等の差押えを行います。

 自宅を訪問、税の納付を求めても応じない滞納者については、その場でタイヤロック装置を用いた自動車等の差押えを実施します。差押えた自動車等は、その後も納税されないものについては市で引き上げ、インターネット公売等により売却、滞納税に充てることにしています。

※自動車等とは、軽自動車・普通自動車やトラック、バイクになります。

 

  

お問い合わせ

税務課
滞納整理係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281