滞納処分等実施状況について(平成22年4月~平成23年3月末)

2011年5月20日

納税は国民の三大義務のひとつです。税金は、国及び地方公共団体の財政収入の大部分を占め、国及び地方公共団体の活動の基礎をなすものであることから、税金の徴収は、国及び地方公共団体の財政力を確保する上で最も重要性を有するものです。


 そのほか、税金の公平な負担の観念からも極めて重要であり、税債権を確保するために差押や納税義務の拡張などさまざまな内容を強制的に執行することができます。

 

 差押を実施した人数:178件


(平成22年4月~平成23年3月末)

 

■差押の内容

 ●給与 42件   ●預貯金 40件 

●不動産 59件  ●債権 35件 

●動産 2件


■タイヤロックによる差押予告書の発送(随時)
■過年度滞納者への差押予告書の発送(随時)

タイヤロック イメージ図

 

 


◇納税相談実施中!!◇

※生活状況により一度に納税することが困難な方や失業・病気等により収入が無い方など、本庁・各支所の税務窓口にて随時納税相談を実施しております。

 

◇滞納処分について◇


 特別な理由もなく滞納を続けられますと、他の納税者との公平を保ち、大切な市税を確保するため、やむなくあなたの財産(給料、預金、不動産など)を差し押さえることになります。

(法律では、「督促状を発した日から起算して10日を経過した日までに完納しないとき」は、「財産を差し押えなければならない」と定められています。)

 

お問い合わせ

税務課
滞納整理係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281