市県民税の年金特別徴収についてお知らせ

2009年9月10日

平成21年10月より、公的年金からの市・県民税の特別徴収が始まります。

 

■公的年金からの特別徴収とは

公的年金等に対して、年金保険者(社会保険庁等)が年金支払時に市・県民税を年金から天引きし

納入する制度です。

 

■対象となる方

市・県民税が課税される方が対象で、対象額は公的年金等の所得に係る所得割額および均等割額です。

年金所得以外の所得(農業所得・給与所得等)に係る市県民税は、これまで通りの方法で納めていた

 だきます。

 以下の両方の条件を満たしている方が対象となります。

 

1 前年中に公的年金等の支払いを受けた方

2 平成21年4月1日現在、国民年金法に基づく老齢基礎年金等(以下「老齢等年金給付」という)の

    支払いを受けている65歳以上の方

  ただし、次の場合は特別徴収の対象となりません。

  ア  老齢等年金給付の年額が18万円未満の場合

  イ  平成21年度の特別徴収税額が老齢等年金給付の年額を超える場合

  ウ  介護保険料が年金から特別徴収されない場合

 

■徴収方法

平成21年度については

 

普通徴収

特別徴収

 

6月

8月

10月

12月

2月

税額

年税額の1/4

年税額の1/4

年税額の1/6

年税額の1/6

年税額の1/6

 

 

平成21年度については

 

特別徴収

 

仮徴収

特別徴収

4月

6月

8月

10月

12月

2月

税額

前年度2月に徴収した額と同額

前年度2月に徴収した額と同額

前年度2月に徴収した額と同額

年税額から仮徴収した額を控除した額の1/3

年税額から仮徴収した額を控除した額の1/3

年税額から仮徴収した額を控除した額の1/3

 

  

お問い合わせ

税務課
市民税係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281