貯筋運動指導者講習会 健康づくり推進員等60名が受講

2011年8月11日

 貯筋運動とは、高齢者を対象に家庭で簡単にできるトレーニング方法で生活に必要な筋力を保てるようにする運動です。市ではこの貯筋運動を普及させ、転倒予防や寝たきり等の予防につなげ、市民の健康寿命を延ばしたいと考えています。

 貯筋運動は、鹿屋体育大学の福永学長が提唱し、全国的に広まりつつありますが、今回、大学の全面協力で、7月22日に有明の農村改善センターや有明総合体育館で指導者講習会が開催されました。

 当日は、ふれあいサロン等で活動されているボランティアの方や、介護福祉施設各施設の運動指導士、健康づくり推進員等60名が参加しました。

鹿屋体育大学 福永学長

 

 福永学長の「貯筋のすすめ」など3つの講義があり午後からは体育館で実践や筋力測定の実技指導があり、参加者は自分のものにしようと熱心に挑戦していました。

 今後、市民チャンネルを使って画像で「貯筋運動」を放送することにしていますので皆さんも一緒にテレビを見ながら、毎日運動をしましょう。

 

貯筋運動の動画が見れます ⇒ 財団法人 健康・体力づくり事業財団

 

熱い中、真剣に学ぶ受講者

 

お問い合わせ

保健課
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281