3月10日は「農山漁村女性の日」です

2017年3月2日

■志布志市農山漁村の男女共同参画社会推進

志布志市の農山漁村における男女共同参画の目指す姿とは、個人の能力を十分に発揮し、評価され、意思決定に参画することによって、男性と女性が農林水産業や農山漁村をともに担うパートナーシップを築いていくことです。

 

農業を行う夫婦

■経営参画

●家族経営協定締結の推進

●女性農業経営士の推奨

●女性認定農業者の育成

 

☆締結にはこんなメリットが!

1.農業者年金の政策支援
2.農業改良資金の借入れ
3.農業経営改善計画の共同申請など

 

志布志市内では125組(平成29年2月現在)の家族が協定を結んでいます。

家族農業経営は、経営と生活の境目が明確でなく、家族一人ひとりの役割や労働時間、労働報酬などの就業条件があいまいになりがちです。

家族経営協定とは、家族農業経営に携わる各世帯員が、自由な意志に基づいて、経営の目標・利益の配分、移譲計画や生活上の諸事項について取り決め、文書で取り交わすことです。家族経営協定について、詳しくは農政畜産課へお問い合わせください。

 

■問い合わせ先
市役所農政畜産課農政係
TEL 474-1111(内線428)