応援していただいた方に感謝 ~第5回全国ご当地どんぶり選手権~

2014年1月22日
第5回全国ご当地どんぶり選手権表彰式

平成26年1月10日(金)から19日(日)まで東京ドームで開催された「第5回全国ご当地どんぶり選手権」は、山形県の米沢牛ステーキ丼が最高賞のグランプリ・観光庁長官賞を獲得し10日間の戦いに幕を閉じました。

志布志市からは「志布志黒豚三昧丼」が、昨年の11月に池袋サンシャインシティーで開催された予選会を見事突破し、本選へ2度目のチャレンジとなりましたが惜しくも5位以内に入賞することは叶いませんでした。

 

 

ふるさと祭り東京会場(東京ドーム)

10日間で約40万人以上を集客する「ふるさと祭り東京」の一角で行われる「全国ご当地どんぶり選手権」は、「ふるさと祭り東京」開催2年目に始まり、今やこのイベントを代表するメイン企画となっています。

東京ドーム午前10時の開場と同時に、お客様が怒濤のように流れ込み一目散に「全国ご当地どんぶり選手権」エリアを目指します。そしてあっと言う間に全国から集結した16団体(どんぶり)のブース前には長蛇の列。最終日となった1月19日(日)には、閉場時間である午後6時ぎりぎりまで「志布志黒豚三昧丼」ブースの前からお客様の列は消えることはありませんでした。

志布志黒豚三昧丼を食べていただいたお客様からは「なんでこんな美味しいどんぶりが入賞しないの」、「残念だったけど是非来年も来て欲しい」など数多くの心温まるメッセージをいただきました。

 志布志黒潮隊の田浦天志さんは、「正直悔しいです。でも、これまで応援していただいた地元市民の方々、わざわざ会場までお越しいただいた方に感謝の気持を伝えたいです。これからも頑張ります。」と語られ、今後の活動に対し決意を新たにされていました。

 

志布志黒豚三昧丼ブース前

志布志黒潮隊より

今回も郷土出身の方々が数多くご来場下さいました。地元からお声掛けをしていただいた市民の方々や「志布志黒豚三昧丼」を食べに来ていただいた全ての皆様に志布志黒潮隊一同心から感謝申し上げます。これからも皆様からの応援を糧に頑張っていきますので、どうぞこれからも志布志市の応援よろしくお願いいたします。

結果は以下のとおり(6位以下は未発表)
グランプリ  米沢牛ステーキ丼(山形県)
準グランプリ 柏崎鯛茶漬け(新潟県)
3位 八戸銀サバトロづけ丼(青森県)
4位 十勝牛とろ丼(北海道)
5位 湘南しらすの小田原三色丼(神奈川県)

これまでの参戦経緯
2012年  背白ちりめん三昧丼
2013年  志布志黒豚三昧丼
2014年  志布志黒豚三昧丼

 

お問い合わせ

企画政策課
ブランド推進室
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281