市民に感謝 リサイクル8年連続日本一!

2014年1月21日
アピア前で行われている収集の模様


環境省が例年実施する一般廃棄物処理実態調査で、平成24年度の「ごみのリサイクル率」※が公表され、志布志市はリサイクル率74.9%、全国の市では日本一という結果となりました。日本一となるのは8年連続です。 

日本一の結果は、「志民」の皆様がかねてより分別収集に一生懸命取り組んでいただいた結果であります。深く感謝申し上げますとともに、今後とも、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。
 
※(調査結果は平成25年12月26日に報道発表された情報です。)

 

 

H25より始まったサモアでの技術協力事業の1コマ


資源ごみリサイクルの経過

もともと志布志市にはごみ焼却施設がないため、すべてのごみを埋立処分してきました。しかし、処分場にも限界があることから、埋立ごみの量を減らすために、平成12年から本格的にごみの分別収集を行い、資源化に取り組み始めました。平成16年度からは生ごみの分別収集・堆肥化を、平成23年度からは小型家電を加えるなど、現在では27品目を分別し、ごみの資源化に努めています。

草の根技術協力事業により、平成23年度から平成25年度までの間、フィジーを中心とした大洋州において志布志のごみ分別モデルを推進してきましたが、平成25年度からは、更にサモアを中心とした大洋州において志布志モデルの推進に取組みみはじめました。

 

※「志民」(しみん)とは・・・
 志布志市に住む、志を高く持つ市民を意味する造語です。

お問い合わせ

企画政策課
ブランド推進室
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281