「志布志の夏そばまつり」開催

2014年8月8日

 日本一早い「志布志の夏そば」で暑い夏を乗り切っていただこうと、6月30日に安楽山宮神社において「志布志の夏そばまつり」が開催され、多くの観光客や市民が参加しました。
 市観光特産品協会の主催により、関係者と夏そば生産者らが、そばの実、そば粉、製麺を奉納し、その後、カヤで出来た「茅の輪」をくぐって半年間のけがれを祓う「夏越しの大祓神事」に合わせ、健康長寿の縁起物として「志布志の夏そば」、今が旬の志布志湾産天然ハモの天ぷらに新茶、そば湯が1,000食分振る舞われました。

 

写真(1)奉納神事                     写真(2)茅の輪くぐり神事

 写真(1)奉納神事.jpg   写真(2)茅の輪くぐり.jpg

 

当初、250食分を用意していましたが、参加者が多く急きょ追加する大盛況ぶり。食べた方からは、「風味が高くこしが強くて美味しい」と収穫されたばかりの新鮮な夏そばに大満足のご様子でした。

写真(3)夏そば振る舞いに長蛇の列     写真(4)夏そばを味わう市民
写真(3)夏そば振る舞い.jpg   写真(4)夏そばを味わう参加者.jpg

 

志布志市では、面積を昨年の5ヘクタールから10ヘクタールに拡大し、日本一早い「志布志の夏そば」のブランド化を目指して、農家27戸、ふるさとづくり委員会等6団体と一緒に今年も取組みました。
6月30日より、市内の17飲食店において、各店舗オリジナルメニューによる「志布志の夏そば」料理を味わうことが出来ます。夏の定番「ざるそば」や今が旬の志布志湾産天然ハモをセットにしたもの、和風洋風色々な創作料理をご賞味下さい。原料が無くなり次第終了となりますので、お早めに志布志へ食べにおいで下さい。

写真(5)志布志漁協によるハモ天ぷら販売

写真(5)ハモ天ぷら販売.jpg


写真(6)市観光特産品協会による特産品販売
写真(6)特産品販売.jpg

お問い合わせ

企画政策課
ブランド推進室
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281