ご存知ですか?「マイナンバー(社会保障・税番号)制度」

2017年4月3日

◆ ご存じですか?「マイナンバー(社会保障・税番号)制度」

今年(平成27年)10月から、国民の皆様一人ひとりにマイナンバー(個人番号)が通知され、民間事業者でも準備が必要になります。まずは、皆さんにマイナンバー制度の理解を深めていただくよう、内閣官房のマイナンバー特設ホームページを開設しています。関係省庁のホームページにもリンクを貼っています。

まずは「マイナちゃんのマイナンバー解説」からどうぞ。

⇒ http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

 

マイナちゃん

 

 

◆ マイナンバー(社会保障・税番号)制度のコールセンター

マイナンバー制度のコールセンターが開設されています。マイナンバー制度のお問い合わせは コールセンターまで。番号は0570-20-0178です。(土日・祝日を除く、平日9:30~17:30)

詳しくは ⇒ http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

 

 

◆ マイナンバー(社会保障・税番号)のツイッター

マイナンバーに関する情報をツイッターでも発信しています。内閣官房の最新情報のほか、関係省庁のHPの更新情報なども発信しています。関係者の皆さまはぜひフォローしてください。

アカウントはこちら ⇒ https://twitter.com/MyNumber_PR

 

 

◆ マイナンバー(社会保障・税番号)に関する特設ホームページ

内閣官房のマイナンバー特設ホームページに、各種資料やよくある質問(FAQ)が掲載されています。

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

また、特定個人情報保護委員会、国税庁、総務省(地方税関係)、厚生労働省もマイナンバーの特設ホームページを開設しています。

 

 

◆ 独自利用事務について添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはこちらをご覧ください。

■独自利用事務とは

志布志市において、番号法に規定された事務(法定事務)以外のマイナンバーを利用する事務(以下「独自利用事務」という)について、番号法第9条第2項に基づく条例に定めています。

 

志布志市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用に関する条例【PDFファイル】

 

この独自利用事務のうち、個人情報保護委員会規則で定める要件を満たすものについては、情報提供ネットワークシステムを使用した他の地方公共団体等との情報連携が可能とされています。
(番号法第19条第8号)

 

■独自利用事務の情報連携に係る届出について

本市の独自利用事務のうち、情報連携を行うものについては、次のとおり個人情報保護委員会に届出(番号法第19条第8号に基づく届出)を行っており、承認されています。

届出番号 独自利用事務の名称
生活保護法(昭和25年法律第144号)準じて行う生活に困窮する外国人に対する保護の決定及び実施、就労自立給付金の支給、保護に要する費用の返還又は徴収金の徴収に関する事務であって規則で定めるのもの
志布志市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例(平成18年志布志市条例第93号)によるひとり親家庭医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの
志布志市子ども医療費の助成に関する条例(平成18年志布志市条例第90号)による子ども医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

 

○届出番号 1

生活保護法(昭和25年法律第144号)準じて行う生活に困窮する外国人に対する保護の決定及び実施、就労自立給付金の支給、保護に要する費用の返還又は徴収金の徴収に関する事務であって規則で定めるのもの

 

届出書1【PDFファイル】

根拠規範(生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について)【PDFファイル】

 

 

○届出番号 2

志布志市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例(平成18年志布志市条例第93号)によるひとり親家庭医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

 

届出書2【PDFファイル】

根拠規範(志布志市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例)【PDFファイル】

 

 

○届出番号 3

志布志市子ども医療費の助成に関する条例(平成18年志布志市条例第90号)による子ども医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

 

届出書3【PDFファイル】

根拠規範(志布志市子ども医療費の助成に関する条例施行規則)【PDFファイル】

お問い合わせ

総務課
行政改革推進係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281