夏そば収穫目前!

2015年5月28日

白い花を満開に咲かせていた“志布志の夏そば”の原料となる品種「春のいぶき」が、まもなく収穫の時期を迎えます。

 

(1)作付け

作付け

(2)そばの花と蝶

そばの花と蝶

 

通常、そばの実の収穫は晩秋(11 月)ですが、この春まき型品種の「春のいぶき」は 3 月中旬から 4 月上旬に種を蒔いて 5 月下旬から 6 月上旬の梅雨前に収穫する早生品種で、盛夏には新鮮な香りの高いそばが味わえます。

 

志布志市では「日本一早い志布志の夏そば」プロジェクトに取組み始めて 5 年目。

今年は、面積を 11 haに増やし、3 月下旬に 32 戸の個人農家、団体等の方々に、作付けしていただきました。

 

収穫間近な夏そばは、風味豊かな「志布志の夏の風物詩」として 6 月 30 日安楽山宮神社の「志布志の夏越しそばまつり」で振る舞われますので、皆様お誘いあわせの上、是非いらしてください。

 

(3)志布志の夏そば畑

志布志の夏そば畑

(4)夏そばできあがりイメージ

夏そばできあがりイメージ

 

※「夏越しそば」は、大阪そば処 衣笠本店 代表 高木浩也氏の登録商品です。

お問い合わせ

企画政策課
地方創生推進室 ブランド推進係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281