自転車の危険運転に対する改正道路交通法が施行されました。

2015年9月18日

近年、自転車運転者による事故やトラブルが多く発生しており、鹿児島県内でも 700 件を越える事故が発生しております。

そこで、交通ルール遵守と交通マナー向上を図るため平成 27 年 6 月 1 日から改正道路交通法が施行されました。

この改正により一定の危険な違反行為をして 2 回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は、公安委員会の命令を受けてから 3 ヵ月以内の指定された期間内に講習を受けなければいけません( 14 歳以上が対象)。

 

◎自転車の危険行為 14 項目

(1)  信号無視
(2)  通行禁止違反
(3)  歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
(4)  通行区分違反
(5)  路側帯通行時の歩行者の通行妨害
(6)  遮断踏切立入り
(7)  交差点安全進行義務違反等
(8)  交差点優先車妨害等
(9)  環状交差点安全進行義務違反等
(10)指定場所一時不停止等
(11)歩道通行時の通行方法違反
(12)制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
(13)酒酔い運転
(14)安全運転義務違反
  (傘さしや携帯電話使用の片手運転で事故を起こした、二人乗り など)

 

◎自転車安全利用五則

(1)  自転車は、車道が原則、歩道は例外
(2)  車道は左側を通行
(3)  歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
(4)  安全ルールを守る
  ●飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
  ●夜間はライトを点灯
  ●交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
(5)  子どもはヘルメットを着用

※自転車による交通事故でも、自転車の運転者に多額の損害賠償責任が生じるおそれがありますので、生じた損害を賠償するための保険等に加入するようにしましょう。

 

※市は鹿児島県市町村総合事務組合が実施する市町村交通災害共済制度の加入及び請求窓口になっております。

この制度は、日本国内で自動車や自転車等により接触、衝突等の交通事故に遭われ、それが原因で身体に傷害を受けた場合に対象となります。

詳しくは別添のチラシをご確認ください。

 

 

お問い合わせ

総務課
消防防災係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281