市長コラム (平成27年12月)

2015年12月10日

毎年春と秋に、天皇、皇后が主催する園遊会が開かれています。いつもテレビのニュースで、その時々の話題性のある方が天皇陛下からお言葉を掛けられている様子を見て、『あぁ、今年もこの時期がきたなぁ』と思っていましたが、何と今年の秋の園遊会に私がご招待を受けました。3ヶ月ほど前に事前のご案内があり、1ヶ月程前に正式な招待状が届きました。その時に出席者の発表があり、鹿児島県からは県議会議長と鹿児島大学学長と私の3人でした。その発表を見て、どうして自分が選ばれたのだろうと不思議に思いました。他のお二人は、それぞれご活躍され、ご功績のある方ですが、自分がそのような方々と同じように選ばれたことは、まったく思いもよらない恐悦至極の出来事でした。

園遊会は、内閣総理大臣、各国務大臣、衆参両院議長等の主な国会議員のほか、各界を代表する方や、その時々の著名人が選ばれ、配偶者と一緒にご招待があります。その中で、市町村の首長、議長も対象になっており、たまたま私がその順番に当たったのかなと思ったところです。しかし、志布志市長としてのご招待ですので、市を代表してお招きをお受けした次第です。このような名誉あるお招きがあったのは、志布志市のまちづくりが本当に元気で話題が豊富であり、そして、市民が一致してまちづくりに取り組んでいる姿が評価されたもので、すなわち市民の皆様のご活躍おかげです。あらためて皆様に感謝申し上げたいと思います。

園遊会は、11月12日に赤坂御苑で行われました。全国から2千名を超える方が参加されたと聞いています。私と妻は、天皇陛下をはじめ皇族の方が歩まれる1km近くのコースの中で、多くの方が集まる場所を避け、少し離れた終点に近いところで待ちました。そこは、20mほど参列者の列が途切れ、次の集まりの先頭でした。その場所が幸いし、天皇陛下、皇后陛下、皇太子殿下、秋篠宮殿下、妃殿下それぞれがお声をかけてくださいました。私のネームプレートを見て、「志布志からですか。」とやさしくお尋ねになり、「はい、本日はありがとうございます。志布志から参りました。志布志のこの地名は、第38代天智天皇がお与え下さった地名であります。」と志布志の地名の由来も申し上げました。ずうずうしくも皇族それぞれに、お話申し上げた人は、おそらく他にいないのではと思います。隣には前都城市長で現参議院議員の長峯さんご夫妻がいらっしゃいましたが、私の応えぶりを見てあきれていらっしゃいました。

重ねてではありますが、このような大変名誉ある、また誇りとなる場にお招きいただいたのは、志布志市民の皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。

今年も年末を迎え寒くなってきました。体に気を付けて元気でお過ごしください。そして、ご家族おそろいで良い年をお迎えくださるようお祈り申し上げます。

お問い合わせ

総務課
秘書広報係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281