お茶うがいで元気なまちに ~インフルエンザ・ゼロ作戦~

2016年1月7日

茶レンジ風邪なし運動「インフルエンザ・ゼロ作戦」
みんなで元気を茶~ジしよう!

 

鹿児島県第2位のお茶の産地である志布志市では、全21小中学校でお茶を活用した「志布志茶レンジ風邪なし運動」の取組として、お茶うがいによる「インフルエンザ・ゼロ作戦」を展開中です。

イベント(写真)

H27.10.26志布志市立潤ケ野小学校にて発表イベント開催

 

 

お茶に含まれるカテキンに抗菌作用などがあることから、子ども達に習慣的に飲用してもらい、お茶でうがいをしてもらうことで、インフルエンザや風邪を予防して、元気なまちづくりを進めようという試みです。

うがい風景

 

 

そのような中、志布志ブランド推進協議会委員(健康づくりアドバイザー)でもある鹿児島大学 学術研究員医歯学域 疫学・予防医学 准教授の郡山千早先生の「お茶とコレステロール」をテーマとした事例研究発表や、志布志市が取り組んでいる「インフルエンザ・ゼロ作戦」の様子が新聞紙面に紹介されました。

新聞掲載記事

 

 

※YouTube動画 インフルエンザゼロ作戦2015

~志布志市立潤ケ野小学校にて発表イベント開催~ 是非ご覧下さい

イベント(動画)

お問い合わせ

企画政策課
ブランド推進係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281