支援支給事業のお知らせ

2016年3月3日

各種支援支給事業のお知らせです。詳しい内容については、申請先までお問い合わせ下さい。

 

名 称 在宅寝たきり老人等介護手当支給事業
目 的 在宅で寝たきり老人等を介護している方へ、その労をねぎらい、手当を支給しています。
対象者 寝たきり老人等の介護に当たっている介護者。(民生委員により在宅確認が必要です。
支給内容 月額8,000円を支給します。(四半期ごとに支給)
支給にあたって

※ 寝たきり老人等とは、市内に居住する方で、要介護4若しくは要介護5の認定を受け、又はこれらと同程度の障害を有し、かつ、在宅において介護を受けている方。

 

※ 介護者とは、寝たきり老人等と起居をともにし、又はこれに準ずる状態でその介護にあたっている方。

 

※ 毎月、民生委員による在宅確認が必要です。

申請先 志布志市役所 有明本庁保健課介護保険係、志布志支所福祉課保健係、松山支所市民課保健係

 

名 称 家族介護用品支給事業
目 的 在宅で要介護者を介護している方の負担軽減を図るために、介護用品引換券を支給しています。
対象者

家族介護者で、次の要件のいずれにも該当する方。(民生委員により在宅確認が必要です。)

(1) 要介護者及び家族介護者が志布志市の住民票に記載されていること。

(2) 要介護者又は家族介護者の自宅で要介護者を介護していること。

(3) 要介護者及び家族介護者の属する世帯が市民税非課税世帯であること。

支給内容 月額7,500円分の引換券を毎月交付します。
支給にあたって

※ 要介護者とは、要介護4若しくは要介護5の認定を受け、又はこれらと同程度の障害を有する在宅の方。

 

※ 家族介護者とは、要介護者を現に介護している家族。

 

※ 引換え対象品は次のとおりです。
紙おむつ、尿取りパット、、使い捨て手袋、清拭剤、ドライシャンプー、濡れタオル、肌着、食事用エプロン、防水シーツ

 

※ 毎月、民生委員による在宅確認が必要です。

申請先 志布志市役所 有明本庁保健課介護保険係、志布志支所福祉課保健係、松山支所市民課保健係

 

名 称 「食」の自立支援事業
目 的 定期的な見守りが必要で、調理が困難な高齢者等に対し、栄養バランスのとれた弁当を提供し、自立した食生活への改善を支援します。
対象者

調理が困難な高齢者等の方で、次の要件のいずれかに該当する方。(申請時に民生委員の意見が必要です。)

(1) 75歳以上の独居又は夫婦のみの世帯。

(2) おおむね65歳以上の者で退院の直後等の理由により一時的に事業の利用を必要とする方。

※ 上記以外の方でご利用を検討されている方は、申請先までご相談下さい。

支給内容 見守りを兼ねた、お弁当の訪問配達。
支給にあたって

※ 利用にあたっては利用者負担額が発生します。(課税世帯:1食600円、非課税世帯 :1食500円)

 

※ 昼食、夕食のみの配達となっています。(訪問調査等において、配食日数が決定します。

申請先 志布志市役所 有明本庁保健課介護保険係、志布志支所福祉課保健係、松山支所市民課保健係

 

名 称 緊急通報システム設置事業
目 的 在宅の一人暮らし高齢者等の緊急事態における不安を解消するため、緊急通報システムの設置をしています。
対象者

次の要件のいずれかに該当する方。(申請時に民生委員の確認が必要です。)

(1) 一人暮らしの高齢者等及び重度身体障害者等で常に安否の確認を必要とする世帯。

(2) 重度身体障害者のみの世帯で、緊急時に安否の確認を必要とする世帯。

(3) 高齢者のみの世帯のうち、世帯員の1人が要介護3以上で緊急時に安否の確認を必要とする世帯。

支給内容 緊急通報システムを支給設置します。
支給にあたって

※ 一人暮らし高齢者等とは、市内に住所を有するおおむね65歳以上の者で、生計及び住居を独立している一人暮らしのもの及びこれに準ずる方です。

 

※ 重度身体障害者等 市内に住所を有し、身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)による障害の程度が1級又は2級の者(聴覚障害者を除く。)で、生計及び住居を独立している一人暮らしのもの及びこれに準ずる方です。

 

※ 利用にあたっては、既存のNTT電話回線が設置されていることが必要です。

 

※ 利用にあたっては利用者負担額が発生します。(課税世帯:端末機器購入等費用の1割に相当する額、非課税世帯及び生活保護世帯:0円)

 

※ 電池の交換、移設、撤去、修理及び通話料は利用者負担です。

申請先 志布志市役所 有明本庁保健課介護保険係、志布志支所福祉課保健係、松山支所市民課保健係

 

名 称 高齢者日常生活用具給付事業
目 的 火災警報器等の日常生活用具を給付することで、日常生活の便宜を図ることを支援します。
対象者

次の要件に該当する方。

・一人暮らし高齢者及び要援護高齢者。

支給内容 火災警報器、自動消火器の支給設置。(希望される装置)
支給にあたって

※ 一人暮らし高齢者とは、65歳以上の一人暮らしの方です。

 

※ 要援護高齢者等とは、(65歳以上の者のみの世帯のうち、世帯員の1人が介護保険法(平成9年法律第123号)第19条第1項に規定する要介護認定を受け、その要介護状態の程度が要介護3以上である世帯に属する者及びこれに準ずる世帯に属する方です。

 

※ 利用にあたっては利用者負担額が発生します。(課税世帯:端末機器購入等費用の1割に相当する額、非課税世帯及び生活保護世帯:0円)

申請先 志布志市役所 有明本庁保健課介護保険係、志布志支所福祉課保健係、松山支所市民課保健係

お問い合わせ

保健課
介護保険係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281