目指せ 日本一チャレンジ応援事業採択第1号 セレモニーを実施しました

2016年8月1日

 

 

日本一に挑戦する子どもたち 7月28日、目指せ日本一チャレンジ応援事業採択第1号を記念したセレモニーが志布志市役所本庁舎前で行われました。


 第1号として採択されたのは、7月30日~8月3日にかけて開催されます、第37回文部科学大臣杯少年少女囲碁全国大会での日本一への挑戦です。

 日本棋院志布志囲碁普及会に所属する子どもたちが、挑戦します。

 セレモニーでは、出場する選手の紹介を、監督で指導者の安留寧(にん)先生が行ったあと、志布志市長が、日本一チャレンジ事業の趣旨を説明し子どもたちに「選手の皆さんは普段どおりの力を出してきてください。結果は必ず付いてきます」と激励を行いました。

 その後、小学生個人戦の部に出場する宝田選手と小学生団体戦の部に出場します、鈴木選手が「毎日の練習の成果を発揮して良い報告ができるように囲碁を打ちたい」と決意を述べました。

 選手の皆さんの活躍を期待します。

 

 

 目指せ日本一チャレンジ応援事業につきましては、そのほかにも「日本一高いカキ氷」や「日本一長い恵方巻」、「エアギターでギネスに挑戦」等が今年度は採択されています。

 応援を宜しくお願いいたします。

お問い合わせ

企画政策課
電話:099-474-1111