【市指定文化財】 志布志俵踊り

2016年9月1日

志布志俵踊り.JPG

 

俵踊りは江戸時代、米や油の積出しの際に豊年踊りとして踊られたのが始まりといわれています。

記録によると青年団が踊り手でしたが、戦争で一時途絶え、昭和22年に志布志中学校の新築祝いで復活、昭和28年青年団員数の減少に伴い衰退、昭和34年頃に中大黒集落婦人部の尽力により再復活しました。

 

お問い合わせ

生涯学習課
文化財管理室 指定文化財係
電話:099-472-1111
ファクシミリ:099-473-1880