【市指定文化財】 田中家の仏舎利

2016年9月1日

田中家の仏舎利.jpg

 

明治2年(1869年)の廃仏毀釈の折、宝満寺最後の住持であった円道和尚は、親交のあった漢方医田中源左ヱ門を頼り、宝満寺の仏具を預けたと考えられます。仏舎利は仏具と共に田中家に伝えられたもので、小塔に収められています。

興国元年(1340年)に、足利直義の奉納したものと思われます。

仏舎利の寄進に関しては、足利直義花押の塔婆寄進状が存在すると伝えられていますが、古文書は焼失しています。

お問い合わせ

生涯学習課
文化財管理室 指定文化財係
電話:099-472-1111
ファクシミリ:099-473-1880