【市指定文化財】 田中家の仏具一式

2016年9月1日

田中家の仏具一式.jpg

 

明治2年(1869年)の廃仏毀釈の折、宝満寺最後の住持であった円道和尚は、親交のあった漢方医田中源左ヱ門を頼り、宝満寺の仏具を預けたと考えられます。

「日州宝満寺」の銘がある仏具(青銅製香炉1、燭台、花立2)の他、宝満寺に関する書面、什器の一部が伝えられています。

お問い合わせ

生涯学習課
文化財管理室 指定文化財係
電話:099-472-1111
ファクシミリ:099-473-1880