平成28年鳥取県中部を震源とする地震に伴う被災地救援等のために使用する車両の取扱い

2016年12月7日

 平成28年鳥取県中部を震源とする地震に伴う災害に際し、鳥取県内の被災地支援等を目的とする車両(対象車両は下記参照)に対して、「災害派遣等従事車両証明書」を交付し、高速道路等有料道路の料金所を出る際に、本証明書を料金所に提出していただくことによって、有料道路の通行料について無料措置が講じられます。

1 期間 平成28年10月25日か平成29年1月31日まで
       ※期間が延長されました!

2 対象車両
(1)自治体等からの要請により、被災者の避難所又は被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)への救援物資等を輸送するための車両
(2)自治体等からの要請により、被災地の復旧・復興にあたるための物資、人員等を輸送するための車両
(3)自治体が災害救援のために使用する車両
(4)災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両
 
3 有料道路料金の無料措置が講じられる路線
 以下の道路管理会社が管理する道路は対象です。
 ・西日本高速道路株式会社/・阪神高速道路株式会社 /・本州四国連絡高速道路株式会社
 ・中日本高速道路株式会社/・東日本高速道路株式会社/・首都高速道路株式会社

4 証明書発行手続き
【ボランティアの場合】
(1)鳥取県内の被災地域において、社会福祉協議会等のボランティア受け入れを行っている団体へ、「災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア証明書」を直接持参またはファックスで提出ください。
(2)受理結果が記された「災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア証明書」を添付して、「災害派遣等従事車両証明の申請書」を最寄りの各都道府県庁または各市町村へ提出し、「災害派遣等従事車両証明書」を必要枚数受け取ってください。

【ボランティア以外の場合】
(1)自治体等から要請を受けた内容が分かるものを添付し「災害派遣等従事車両証明の申請書」を最寄りの各都道府県庁または各市町村へ提出し、「災害派遣等従事車両証明書」を必要枚数受け取ってください。
 
5 使用方法
(1)証明書は、精算する料金所ごとに、車両1台ごとに1枚必要となります。
   ※出口料金所(又は清算料金所)を複数回ご利用される場合は、それぞれに証明書を提出いただく必要があります。
(2)出入口とも一般の料金を利用し、入口では通行券を受け取り、出口では料金所で証明書と通行券を提出してください(ETCレーン及びスマートICの利用はできません)。
(3)申請書のダウンロード及び詳細はこちらをご参照ください。

 ○鳥取県ホームページ
  【被災地救援等のために使用する車両の取扱いについて】
  http://www.pref.tottori.lg.jp/261100.htm

 ○鳥取県社会福祉協議会ホームページ
 【平成28年鳥取県中部地震に関する「災害派遣車両証明書」の発行について】
  http://tottorivc.jp/certificate/

 

 02 災害派遣等従事車両証明の申請書様式(34KB)

お問い合わせ

総務課
消防防災係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281