【市指定文化財】 肝付兼続の墓

2016年9月1日

肝付兼続の墓.jpg

 

肝付家16代兼続は志布志・福島・飫肥を領していた豊州島津氏を破り、志布志を隠居所と定め、大隅の経営に当たりました。

永禄9年(1566年)に志布志で没し、位牌は大慈寺に安置されました。

現在の墓所は天明2年(1782年)に再興されたものです。

地図

肝付兼続の墓

お問い合わせ

生涯学習課
文化財管理室 指定文化財係
電話:099-472-1111
ファクシミリ:099-473-1880