志布志市では「企業版ふるさと納税」を募集します!

2017年7月5日

 

企業版ふるさと納税.png

 

2016年4月、国が進める地方創生の取組の中で、志のある企業が地方創生を応援する税制「地方創生応援税制・企業版ふるさと納税」が創設されました。

 

志布志市では、<志あふれるまち>を基本理念に、更なる地域活性化の一助となるよう、この制度を活用し、日本一のまちづくりに向けたさまざまな取組を推進してまいります。

 

民間企業の皆様におかれましては、この趣旨に御賛同と御理解をいただき、志布志市に対する寄附を御検討いただきますようお願いいたします。

 

現在、志布志市の企業版ふるさと納税(寄附)対象となる事業は、次のとおりです。

 

 

雇用・移住促進

 

UIJターンの推進 定住人口の増加を目指して

 

(1) 賃貸住宅家賃助成事業

 

 現在、志布志市は、多くの企業が進出を計画しています。そこで、「産業の振興」「安定的な雇用機会の拡大」「雇用に伴う移住者の増加」を図るため、市と立地協定を締結した企業に就職することを要件として、市外在住の方が市内の賃貸住宅を利用する際に、その家賃の助成を行います。

 

(2) お試し移住体験ツアー及び受入れ体制事業

 

 志布志市に移住を検討している方必見!事前に移住体験ツアーに参加することで、志布志市の多彩な魅力を体験できます(体験メニューは自分で考えることができます。)。

 

 

 

家族・子育て支援

 

ウェルカム赤ちゃん 出産・子育ての希望をかなえる

 

(1) 妊娠期の歯科検診事業

 

 志布志市では、妊婦さんの健康とお腹の赤ちゃんの健やかな成長を願い、妊娠期の歯科検診に係る費用助成を行います(治療費については自己負担となります。)。

 

(2) 不妊治療費助成事業

 

 志布志市では、医療保険が適用されず高額の医療費がかかる体外受精と顕微授精の不妊治療を受けた夫婦に対して、治療費の一部助成を行います。

 

(3) 親子ふれあいボール教室事業

 

 ボール遊びを通して、子どもの発達に応じた成功体験を増やし、親子のふれあいや仲間づくりを行うことで、安心して子育てができる環境をつくるとともに体のバランス調整能力やコミュニケーション能力を育みます。

 

(4) 多子世帯給食費負担軽減事業

 

 市内の小・中学校に3人以上の児童生徒がいる世帯に対し、第3子以降の学校給食費を無料とすることで、「子育て支援」「多子世帯の経済的負担の軽減」を図り、少子化対策を推進します。

 

 

★詳しい税制内容はコチラ → 「企業版ふるさと納税」募集説明

「企業版ふるさと納税」募集説明.pdf(604KB)

 

★お気軽にお問合せください。

お問い合わせ

企画政策課
地方創生推進室 地方創生推進係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281