志布志市創業支援事業補助金について

2018年4月1日

志布志市では、地域経済対策、商工業の振興、雇用の創出及び後継者の育成対策として、商店街モデル地区内にて新たに創業する法人・個人事業主に対し、創業支援資金として助成します。

■創業の定義について

次のいずれかに該当する場合をいう

  1. 事業を営んでいない個人が、所得税法(昭和40年法律第33号)第229条に規定する開業等の届出により、新たに事業を開始する場合
  2. 事業を営んでいない個人が新たに法人を設立し、事業を開始する場合

■補助対象者

次のいずれにも該当するもの

  1. 市税等の滞納がないこと
  2. 次のいずれかに該当する者であること
    ア 個人事業主にあっては、市内に住所を有していること
    イ 法人にあっては、市内を本店所在地とした法人登記が行われていること
  3. 商店街モデル地区内に事業所等を設置し、又は設置しようとしていること。ただし、仮設又は臨時の店舗その他その設置が恒常的でないものを除く
  4. 補助金の交付を受けようとする個人事業者(法人にあっては代表者)が当該事業に関しこれまで市のほかの補助金の交付を受けていないこと
  5. 志布志市商工会が実施する創業相談を受け、適切な事業計画を有しているものとして、推薦を得ていること

※商店街モデル地区について
志布志市では、志布志市志布志町上町通り沿い「友恵寿し」から「ツルミ毛糸」までの区間を「商店街モデル地区」と位置づけております

■補助対象経費

当該年度内の創業に係る経費であって、創業の日までに要した経費のうち次に掲げるもの

  1. 創業に必要な官公庁への申請書類作成等に係る経費
  2. 店舗等リフォーム費
  3. 設備費
  4. マーケティング調査費
  5. 広報費

■補助金の額

補助対象経費の5分の3以内かつ100万円以下(1千円未満は端数を切り捨て)

■申請に必要なもの

  1. 補助金等交付申請書(様式第1号)(様式第1号)交付申請書.docx(16KB)
  2. 事業計画書(様式第2号)(様式第2号)事業計画書.docx(14KB)
  3. 収支予算書(様式第3号)(様式第3号)収支予算書.docx(13KB)
  4. 志布志市創業支援事業補助金に係る推薦書(※志布志市商工会が作成)
  5. 市税の滞納がないことの証明書
  6. 登記事項証明書(法人の場合に限る。)
  7. 営業許可証の写し(許認可を必要とする業種で、既に許認可を取得している場合に限る。)

■実績報告3月31日までに提出)

開業して30日以内に、志布志市創業支援事業実績報告書に次の書類を添えて提出してください。

[実績報告書](様式第11号)実績報告書.docx(16KB)

  1. 請求明細書の写し
  2. 領収書の写し
  3. 工事施工中及び完了後の写真
  4. 所得税法の規定に基づく個人事業の開業・廃業等届出書の写し(個人事業者に限る。)
    又は、開業を証明できる書類の写し

お問い合わせ

港湾商工課
商工振興係
電話:099-474-1111