市長コラム (平成30年5月)

2018年5月16日

2月13日の初登庁では、大勢の市民の皆様や職員に迎えられ、緊張と幸せを感じながら市長室に入りました。就任後すぐに3月議会が開かれ、初めて質問される立場となり、叱咤激励をいただいたところです。そしてこれまで以上に真剣に市政運営に取り組まなければならないと痛感いたしました。

3月議会の所信表明でお伝えしたひとつに職員の意識改革があります。「行政は最大のサービス業」職員が率先して市民の皆様へ「いらっしゃいませ」「こんにちは」「ありがとうございます」と声掛けを行うことや、市民の皆様が気軽に相談できるような窓口対応に努めることがサービスの基本でないかと考えます。

ぜひ市民の皆様も、積極的に職員へ声をかけてください。これが市民ニーズを把握することにもつながり、志布志市全体の発展へとつながっていくと思います。