市長コラム (平成30年6月)

2018年6月13日

5月15日に新造船の「さんふらわあ さつま」が就航しました。私も早速、大阪からこの新造船に乗りましたが、「初めての経験わくわくドキドキ フェリーさんふらわあのカジュアルクルーズ」のキャッチフレーズ通り、素晴らしい造りに感激しました。一隻100億円すると聞きましたが、(株)フェリーさんふらわあや鹿児島県志布志・大阪航路利用促進協議会をはじめとする関係者の皆さまに心から感謝したいと思います。

さんふらわあは、志布志(鹿児島)~大阪航路を開設して以来、本市にとってなくてはならないシンボル的存在であり、人や物といった流通の重要な役割を持っています。

今後はスポーツ合宿などの団体利用者や、個人で旅を楽しまれる多くのお客様も、さんふらわあを利用して志布志市にお越しいただけるよう、あらゆる角度からPRし活性化を図っていきたいと思います。また、今年の夏以降に完成予定の「さんふらわあきりしま」の就航も期待します。