市長コラム (令和元年6月)

2019年6月12日

都城志布志道路「有明東~志布志」間が令和2年度に開通

 

都城志布志道路整備・活用促進大会

5月26日、「都城志布志道路整備・活用促進大会」が曽於市にある末吉総合センターで開催され、約1,100人が参加しました。本大会において、鹿児島県知事と宮崎県知事から、都城志布志道路「金御岳IC~末吉IC」間の5.8kmと「有明東IC~志布志IC」間の3.6kmが令和2年度の開通が発表されました。事業費は「金御岳IC~末吉IC」間が約175億円、「有明東IC~志布志IC」間が約93億円。同道路は、宮崎自動車道都城ICと志布志港を結ぶと延長44kmあり、この両区間が開通すれば、73%にあたる32kmが利用できることになります。

この「都城志布志道路」の全線開通により、さまざまな効果をもたらすことが考えられますが、特に防災の道・経済の道・医療の道として大きな効果が期待されるところです。

先月の市長コラムでも触れましたが、これからも全線開通に向けてしっかりとトップセールスに取り組んでまいります。

お問い合わせ

企画政策課
広報係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281