志布志市議会
◇議会の役割

市議会は、公選された議員20名で構成されていますが、市民の代表として、地域の問題の解決、市民福祉向上のために様々な活動をしています。

(1)  議長と副議長
   議員の中から選挙で選ばれます。
   議長は、議場の秩序を保ち、議事を整理し、議会の事務を処理するなどのほか、議会を代表します。
   副議長は、議長に事故あるときに代理します。


(2) 執行機関との関係
   一般に、議会は議決機関、市長は執行機関と言われています。
   議会は、合議により市の意思を決定し、執行機関は、その意思の決定を尊重し、市政を進めます。
   お互いの関係は「車の両輪」にたとえられます。


(3) 議会の権限
   議決権 ・・・ 条例の制定や改廃、予算の議決、決算の認定など
   調査権 ・・・ 市の事務について調査することなど
   検査権 ・・・ 書類の検閲や報告を請求して行うことなど
   そのほか、監査請求権、意見書の提出権、選挙権など多くの権限があります。


(4) 定例会と臨時会
   定例会は、3月・6月・9月・12月の年4回開かれ、議員の一般質問が行われます。
   臨時会は、必要がある場合に開かれます。


(5) 委員会  
   全議員で構成し議会の意思決定を行う本会議とは別に、専門的に詳しく審査するために、

   本会議における予備的審査機関として、少数の議員で構成する委員会が設けられています。
    1 常任委員会 ・・・・ 総務・文教厚生・産業建設の3つの委員会があり、議案や陳情など調査研究、審議します。            
    2 議会運営委員会 ・・ 議会運営について、調査研究、審議します。
    3 特別委員会 ・・・・ 特定の事件について調査研究、審議するため設置されます。


(6) 質疑と一般質問  
   質疑は、市長などから提出された議案等に対して、疑問点等を問うことなどを言います。
   一般質問は、市政全般について、執行機関に質問することを言います。

(7) 議会事務局  
   議会の庶務的事務や議長及び議員の職務を補助する組織として、議会に設置された組織です。