○志布志市物品の購入等に係る入札及び見積り参加資格審査要綱

平成18年1月1日

告示第15号

(趣旨)

第1条 この要綱は、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号。以下「令」という。)第167条の5第1項及び第167条の11第2項並びに志布志市契約規則(平成18年志布志市規則第39号)第28条第2項において準用する同規則第24条の規定に基づき、市が発注する物品の購入、借入れ、修繕及び売払い並びに役務の提供に係る一般競争入札、指名競争入札及び随意契約(以下「入札等」という。)に参加することができる者の資格(以下「入札等参加資格」という。)の審査に関し必要な事項を定めるものとする。

(入札等参加資格)

第2条 入札等に参加しようとする者は、市長の入札等参加資格の審査(以下「資格審査」という。)を受け、入札等参加資格を得なければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する者は、資格審査を受けることができない。

(1) 令第167条の4第1項に規定する者

(2) 営業に関し、法令上必要とする許可、認可、登録等(以下「許認可」という。)を受けていない者

(3) 経営状況が著しく不良であると認められる者

(資格審査の実施)

第3条 定期の資格審査は、平成18年度及びその後2年ごとに到来する年度(以下「審査年度」という。)に行う。

2 前項の規定にかかわらず、特殊な物品の購入、役務の提供等を発注する場合であって、現に入札等参加資格を有する者では入札等の執行に当たって適正な競争を確保することができないときは、資格審査を随時に行うことができる。

(資格審査の申請方法)

第4条 資格審査を申請する者は、入札等参加資格審査申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。ただし、市長が特に認める場合は、この限りでない。

(1) 営業概要書(様式第2号)

(2) 営業種目表(様式第3号)

(3) 消費税、県税及び市町村税の納税証明書の写し

(4) 法人の登記事項証明書又は身分証明書の写し

(5) 印鑑証明書

(6) 使用印鑑届(様式第4号)

(7) その他市長が必要と認める書類

2 申請書(添付書類を含む。)の記載事項に変更があった場合は、入札等参加資格審査申請書変更届(様式第5号)を提出しなければならない。

(資格審査の申請時期)

第5条 定期の資格審査の申請時期は、審査年度の前年度の1月から3月までの間で市長が定め、その期間を公告するものとする。

2 随時の資格審査の申請時期は、市長が定め、その期間を公告するものとする。

(入札等参加資格の有効期間)

第6条 審査年度における定期の資格審査により入札等参加資格を認められた者の入札等参加資格の有効期間は、当該審査年度の4月1日から起算して2年間とする。

2 随時の資格審査により入札等参加資格を認められた者の入札等参加資格の有効期間は、入札等参加資格を認められた日から、その日以降に最初に到来する審査年度の前年度の3月31日までとする。

(資格の取消し)

第7条 入札等参加資格を認められた者が、次の各号のいずれかに該当することが判明したときは、その者の入札等参加資格を取り消すことができる。

(1) 申請書及び添付書類の重要な事項について虚偽の記載をし、又は事実の記載をしなかったとき。

(2) 営業に関し、法令上必要とする許認可の取消しを受けたとき。

(3) 令第167条の4第1項に規定する者又は同条第2項各号のいずれかに該当することとなったとき。

(4) 経営状況が著しく不良となり、入札等に参加させることが不適当と認められるとき。

2 市長は、前項の規定により入札等参加資格を取り消したときは、速やかにその旨を当該取り消された者に通知するものとする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、資格審査に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の志布志町物品の購入等に係る入札及び見積り参加資格審査要綱(平成15年志布志町告示第61号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年12月19日告示第121号)

この告示は、平成20年1月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

志布志市物品の購入等に係る入札及び見積り参加資格審査要綱

平成18年1月1日 告示第15号

(平成20年1月1日施行)