○志布志市ふるさと志基金条例施行規則

平成20年9月30日

規則第40号

(趣旨)

第1条 この規則は、志布志市ふるさと志基金条例(平成20年志布志市条例第35号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 条例第5条に規定する市長が必要と認める事業は、次に掲げる事業とする。

(1) 観光及び生活環境に関する事業

(2) 福祉に関する事業

(3) 教育文化に関する事業

(4) その他市長が必要と認める事業

(5) 寄附者(かごしま応援寄附金に本市を指定して寄附する者を含む。以下同じ。)に対する地元特産品の贈呈に関する事業

(寄附金の使途指定)

第3条 寄附者は、自らの寄附金の使途として、前条第1号から第4号までに掲げる事業のうちからいずれか1以上の事業をあらかじめ指定することができる。

2 寄附金のうち前項の規定による指定がないものについては、市長が使途を指定するものとする。

(寄附金の受付)

第4条 寄附金(かごしま応援寄附金に係る鹿児島県交付金を除く。次条において同じ。)は、次に掲げる事項を記載した申込書により受け付けるものとする。ただし、インターネットを利用する方法により寄附金を受け付ける場合は、この限りでない。

(1) 申込者の氏名又は団体名、住所又は所在地及び電話番号

(2) 寄附金額

(3) 第2条第1号から第4号までに掲げる事業のうち寄附金の使途として指定する事業

(4) ふるさと納税ワンストップ特例制度の利用の有無

(寄附金の受領)

第5条 市長は、寄附金を受領したときは、寄附金受領証明書(様式第1号)を寄附者に送付するものとする。ただし、寄附者から地方税法施行規則(昭和29年総理府令第23号)附則第2条の4の表第1号に規定する申告特例申請書の提出があった場合は、この限りでない。

(寄附金の管理)

第6条 市長は、寄附金の適正な管理を図るため、志布志市ふるさと志基金寄附金台帳(様式第2号。以下「台帳」という。)を備えるものとする。

2 市長は、寄附金の受付、受領、処分その他の異動を生じたときは、その都度台帳を調整するものとする。

(運用状況の公表)

第7条 市長は、毎年1回、志布志市ふるさと志基金(次条において「基金」という。)の運用状況を市の広報紙及びホームページに掲載することにより公表するものとする。

(補則)

第8条 この規則に定めるもののほか、基金の運用に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成20年10月1日から施行する。

附 則(平成22年3月26日規則第4号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成27年11月20日規則第24号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行し、この規則による改正後の志布志市ふるさと志基金条例施行規則は、平成27年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にあるこの規則による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

3 この規則の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

画像

画像

志布志市ふるさと志基金条例施行規則

平成20年9月30日 規則第40号

(平成27年11月20日施行)