○志布志市集落道等整備事業実施要綱

平成18年3月31日

告示第129号

(趣旨)

第1条 この要綱は、集落道(道路法(昭和27年法律第180号)による道路、農道又は林道でない道をいう。以下同じ。)及び集落内排水路の整備を促進することにより、地域の生活環境の改善に資するため、志布志市集落道等整備事業(以下「事業」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業内容)

第2条 事業の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 集落道の新設、改良、舗装及び補修

(2) 集落内排水路の新設、改良及び補修

(3) 集落道の整備のための生コンクリート等原材料の支給

(採択要件等)

第3条 事業の採択要件は、次に掲げるとおりとする。

(1) 国又は県の補助事業の対象に該当しないものであること。

(2) 受益戸数が3戸以上の集落道又は集落内排水路であること。

(3) 集落道の新設及び改良は、整備後の幅員が4メートル以上になるものであること。

(4) 集落道の舗装及び補修並びに原材料の支給は、集落道の現況の幅員が2メートル以上であること。

(5) その他市長が特に必要と認めるものであること。

2 事業費は、前条第1号又は第2号に掲げるものにあっては1か所当たり工事費300万円未満、前条第3号に掲げるものにあっては1か所当たり原材料費30万円未満とする。

(申請)

第4条 事業の実施を要望しようとする自治会等受益者を含む団体の代表者(以下「申請者」という。)は、受益者及び関係人と協議の上、事業の実施年度の前年度の10月末日までに、集落道等整備事業実施申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に事業箇所概要図及び事業実施同意書(様式第2号)を添付して、市長に申請しなければならない。

2 申請者は、事業の実施に際し、用地又は立木等の補償を必要とする場合は事前に沿線地権者等との用地交渉等を完了し、用地又は立木等の補償の無償提供に係る沿線地権者の無償提供同意書(様式第3号)を申請書に添付しなければならない。

(事業の実施の決定)

第5条 市長は、前条の規定による申請があった場合において、その内容を審査し、事業の実施の可否を決定し、集落道等整備事業実施決定申請却下通知書(様式第4号)により、当該申請者に通知するものとする。

2 市長は、事業の実施の決定をする場合においては、条件を付することができる。

(その他)

第6条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成24年7月31日告示第86号)

(施行期日)

1 この告示は、平成24年8月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現にあるこの告示による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

3 この告示の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成28年3月25日告示第27号)

(施行期日)

1 この告示は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現にあるこの告示による第1条から第33条までの規定による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この告示による第1条から第33条までの規定による改正後の様式によるものとみなす。

3 この告示の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

画像

画像

画像

画像

志布志市集落道等整備事業実施要綱

平成18年3月31日 告示第129号

(平成28年4月1日施行)