○志布志市公民館条例

平成18年1月1日

条例第162号

(設置)

第1条 社会教育法(昭和24年法律第207号。以下「法」という。)第21条第1項の規定に基づき、志布志市公民館(以下「公民館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 公民館の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(開館時間)

第3条 公民館の開館時間は、午前8時30分から午後10時まで(川西地区公民館の加工調理室及び洗濯乾燥室の使用時間は、午前8時30分から午後5時まで)とする。ただし、志布志市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第4条 公民館の休館日は、次のとおりとする。ただし、教育委員会は、必要があると認めるときは、臨時に開館し、又は休館することができる。

(1) 月曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

2 前項の規定にかかわらず、前項第1号及び第2号のいずれにも該当する日は、公民館は、休館しない。この場合においては、その翌日を休館日とする。

(使用の許可)

第5条 公民館を使用しようとする者は、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 教育委員会は、使用の許可をする場合においては、条件を付することができる。

3 教育委員会は、公民館の使用が次の各号のいずれかに該当するときは、使用を許可しないものとする。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 公民館の施設又は設備を毀損し、又は滅失するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、教育委員会が公民館の管理上適当でないと認めるとき。

(使用の制限)

第6条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、その許可を取り消し、又はその許可の条件を変更し、若しくはその許可に係る使用の停止を命ずることができる。

(1) 公民館を使用する者(以下「使用者」という。)が許可を受けた使用の目的又は許可の条件に違反したとき。

(2) 使用者がこの条例又はこの条例に基づく教育委員会規則の規定に違反したとき。

(3) 使用者が許可の申請書に偽りの記載をし、又は不正の手段によって許可を受けたとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、教育委員会が公民館の管理上特に必要があると認めるとき。

2 前項の規定により許可を取り消し、又は許可の条件を変更し、若しくは許可に係る使用の停止を命じた場合において、使用者に損害が生じても、市は、その賠償の責めを負わない。

(使用権の譲渡等の禁止)

第7条 使用者は、公民館の使用の権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(原状回復義務)

第8条 使用者は、その使用が終わったとき、又は第6条第1項の規定により許可を取り消され、若しくは許可に係る使用の停止を命ぜられたときは、その使用した施設又は設備を速やかに原状に回復しなければならない。ただし、教育委員会の承認を得たときは、この限りでない。

(使用料の納入)

第9条 使用者(図書室を使用する者を除く。第11条において同じ。)は、別表第2に定める使用料を納入しなければならない。

2 使用料は、前納しなければならない。ただし、市長が後納を認める場合は、この限りでない。

(使用料の減免)

第10条 市長は、市が主催する行事に使用するときその他公益上特に必要があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第11条 既に納入された使用料は、還付しない。ただし、使用者の責めに帰さない理由により公民館を使用できないときは、使用料を還付することができる。

(損害賠償義務)

第12条 使用者は、故意又は過失により公民館の施設又は設備を毀損し、又は滅失したときは、それによって生じた損害を市に賠償しなければならない。ただし、市長が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(職員)

第13条 公民館に館長及び主事を置き、その他必要な職員を置くことができる。

(志布志市公民館運営審議会)

第14条 法第29条第1項の規定に基づき、志布志市公民館運営審議会(以下「審議会」という。)を置く。

2 審議会は、委員20人以内で組織する。

3 委員は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者のうちから教育委員会が委嘱する。

4 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

5 委員は、再任されることができる。

(委任)

第15条 この条例に定めるもののほか、公民館の管理に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(過料)

第16条 次の各号のいずれかに該当する者は、5万円以下の過料に処する。

(1) 第5条第1項の規定に基づく許可を受けないで使用した者

(2) 第5条第2項の規定に基づく許可の条件(第6条第1項の規定に基づき変更されたものを含む。)に違反して使用した者

(3) 第6条第1項の規定に基づく使用の停止の命令に違反した者

(4) 第7条及び第8条の規定に違反した者

2 偽りその他不正の行為により使用料の徴収を免れた者は、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料に処する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の松山町公民館の設置及び管理に関する条例(昭和45年松山町条例第28号)、志布志町公民館の設置、管理及び職員に関する条例(昭和42年志布志町条例第19号)又は有明町公民館の設置、管理及び運営に関する条例(昭和39年有明町条例第19号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この条例の施行後最初に委嘱される審議会の委員の任期は、第14条第3項の規定にかかわらず、平成20年3月31日までとする。

4 施行日の前日までに、合併前の条例の規定により課した、又は課すべきであった使用料については、なお合併前の条例の例による。

5 施行日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお合併前の条例の例による。

附 則(平成19年6月28日条例第35号)

この条例は、平成19年9月1日から施行する。

附 則(平成20年3月5日条例第3号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月29日条例第15号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年12月22日条例第29号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(志布志市高齢者コミュニティセンター条例等の廃止)

2 次に掲げる条例は、廃止する。

(1) 志布志市高齢者コミュニティセンター条例(平成18年志布志市条例第170号)

(2) 志布志市有明農村研修センター条例(平成18年志布志市条例第173号)

(3) 志布志市農村環境改善センター条例(平成18年志布志市条例第174号)

(経過措置)

3 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、前項の規定による廃止前の同項各号に掲げる条例(次項において「廃止条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、第1条の規定による改正後の志布志市公民館条例の相当規定によりなされたものとみなす。

4 施行日の前日までに、この条例による改正前の志布志市公民館条例、志布志市城山総合公園及び志布志運動公園の運動施設管理条例、コミュニティセンター志布志市文化会館条例、志布志市やっちくふれあいセンター条例及び志布志市有明体育施設条例並びに廃止条例の規定により課した、又は課すべきであった使用料については、なお従前の例による。

5 施行日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

別表第1(第2条関係)

1 本館

名称

位置

新橋地区公民館

志布志市松山町新橋268番地

泰野地区公民館

志布志市松山町泰野547番地1

尾野見地区公民館

志布志市松山町尾野見44番地3

香月地区公民館

志布志市志布志町志布志三丁目28番6号

安楽地区公民館

志布志市志布志町安楽1750番地4

志布志地区公民館

志布志市志布志町帖3223番地

伊﨑田地区公民館

志布志市有明町伊﨑田8846番地

有明地区公民館

志布志市有明町野井倉1756番地

川西地区公民館

志布志市有明町蓬原2249番地1

2 分室

名称

位置

志布志地区公民館分室

志布志市志布志町志布志一丁目8番10号

別表第2(第9条関係)

1 公民館使用料

利用時間

区分

午前8時30分から午後6時まで

午後6時から午後10時まで

新橋地区公民館

会議室

1時間につき

100円

150円

和室

1時間につき

100円

150円

ホール

1時間につき

200円

300円

調理実習室

1時間につき

100円

150円

泰野地区公民館

会議室1

1時間につき

100円

150円

会議室2

1時間につき

100円

150円

和室1

1時間につき

100円

150円

和室2

1時間につき

100円

150円

陶芸室

1時間につき

100円

150円

ホール

1時間につき

200円

300円

調理実習室

1時間につき

100円

150円

尾野見地区公民館

会議室

1時間につき

100円

150円

和室

1時間につき

100円

150円

ホール

1時間につき

200円

300円

調理実習室

1時間につき

100円

150円

香月地区公民館

大会議室

1時間につき

200円

300円

和室

1時間につき

100円

150円

調理実習室

1時間につき

100円

150円

安楽地区公民館

大会議室

1時間につき

200円

300円

和室

1時間につき

100円

150円

調理実習室

1時間につき

100円

150円

志布志地区公民館

大会議室

1時間につき

200円

300円

和室

1時間につき

100円

150円

調理実習室

1時間につき

100円

150円

志布志地区公民館分室

大会議室

1時間につき

200円

300円

小会議室1

1時間につき

100円

150円

小会議室2

1時間につき

100円

150円

和室

1時間につき

100円

150円

画像田地区公民館

大会議室

1時間につき

200円

300円

和室

1時間につき

100円

150円

調理実習室

1時間につき

100円

150円

有明地区公民館

大会議室

1時間につき

200円

300円

小会議室1

1時間につき

100円

150円

小会議室2

1時間につき

100円

150円

和室

1時間につき

100円

150円

多目的ホール

入場料を徴収しない場合

1時間につき

800円

1,200円

入場料を徴収する場合

1時間につき

1,600円

2,400円

川西地区公民館

大会議室

1時間につき

200円

300円

小会議室

1時間につき

100円

150円

和室

1時間につき

100円

150円

加工調理室(加工料を含む。)

1人1時間につき

100円

洗濯乾燥室

1工程(洗濯及び乾燥)につき

420円

備考

1 冷暖房装置を使用する場合の使用料の額は、この表に定める使用料の額に100分の50を乗じて得た額を加算した額とする。

2 使用時間には、準備及び後片付けに要する時間を含むものとする。

3 使用時間に1時間未満の端数があるときは、その端数は、1時間とする。

4 志布志市民以外の者が利用する場合の使用料の額は、この表に定める使用料の額に100分の50を乗じて得た額を加算した額とする。

5 備考1及び4の規定により算出した使用料の額に10円未満の端数が生じたときは、その端数を切り捨てる。

6 川西地区公民館の加工調理室の使用は、原則2人以上とする。

7 川西地区公民館の加工調理室及び洗濯乾燥室を使用する場合におけるこの表の利用時間の適用については、同表中「午前8時30分から午後6時まで」とあるのは、「午前8時30分から午後5時まで」とする。

2 有明地区公民館設備等使用料

区分

金額

音響設備

1式1時間につき

150円

映写機設備

1式1時間につき

310円

照明設備

1式1時間につき

650円

ピアノ

1台1時間につき

650円

備考

1 使用時間には、準備及び後片付けに要する時間を含むものとする。

2 使用時間に1時間未満の端数があるときは、その端数は、1時間とする。

志布志市公民館条例

平成18年1月1日 条例第162号

(平成27年4月1日施行)