○志布志市体験活動ボランティア活動支援センター運営事業実施要綱

平成18年1月1日

教育委員会告示第8号

(目的)

第1条 志布志市体験活動ボランティア活動支援センター運営事業(以下「事業」という。)は、志布志市の良さを活かした体験活動及びボランティア活動(以下「体験活動等」という。)の機会や場を開拓し、これらに関する情報を収集し、及び提供することにより、学校教育と社会教育を通じた青少年の体験活動等の支援を図ることを目的とする。

(事業実施)

第2条 事業は、コミュニティセンター志布志市文化会館に併設した志布志市体験活動ボランティア活動支援センター(以下「支援センター」という。)において実施するものとする。

(運営委託)

第3条 志布志市生涯学習推進委員会に事業の運営の全部又は一部を委託することができる。

(事業内容)

第4条 事業の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 学校内外を通じた体験活動等に関する相談に対し、電話、面接等により、総合的に応じること。

(2) 体験活動等を啓発し、市内外における人材の育成及び確保に関する情報を収集すること。

(3) 情報誌、インターネット、電話等により、体験活動等に関する情報を提供すること。

(4) 前3号に定めるもののほか、体験活動等の支援に関し必要な事項

(事業の実施日)

第5条 事業の実施日は、毎週火曜日から金曜日までとする。ただし、次に掲げる日を除く。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「祝日法による休日」という。)

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで(祝日法による休日を除く。)

(事業の実施時間)

第6条 事業の実施時間は、午前8時30分から午後5時までとする。

(コーディネーターの設置)

第7条 支援センターにおいて、志布志市教育委員会(以下「教育委員会」という。)と連携を図りながら第4条の事業を実施する者として、コーディネーター若干人を置く。

2 コーディネーターは、教育委員会が委嘱する。

3 コーディネーターの任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

この告示は、平成18年1月1日から施行する。

志布志市体験活動ボランティア活動支援センター運営事業実施要綱

平成18年1月1日 教育委員会告示第8号

(平成18年1月1日施行)

体系情報
第11編 育/第4章 社会教育
沿革情報
平成18年1月1日 教育委員会告示第8号