○志布志市物品貸付要綱

平成24年3月30日

告示第33号

(趣旨)

第1条 この要綱は、私人に対し、貸し付けることを目的とする物品及びそれ以外の物品で市の事務又は事業に支障を及ぼさないと認めるもの(以下「貸付物品」という。)を貸し付けることに関し、志布志市物品管理規則(平成18年志布志市規則第37号)に定めのあるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(貸付物品の名称等)

第2条 貸付物品の名称、貸付けの目的、貸付対象者及び貸付料は、別表のとおりとする。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成24年4月1日から施行する。

(志布志市鎧冑等の使用に関する要綱等の廃止)

2 次に掲げる告示は、廃止する。

(1) 志布志市鎧冑等の使用に関する要綱(平成18年志布志市告示第62号)

(2) 志布志市健康増進等器具管理要綱(平成18年志布志市告示第82号)

(3) 志布志市自動体外式除細動器貸出要綱(平成19年志布志市告示第63号)

(志布志市鎧冑等の使用に関する要綱等の廃止に伴う経過措置)

3 この告示の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、前項の規定による廃止前の同項各号に掲げる告示の規定によりなされた処分、手続その他の行為であって、この告示に相当規定があるものは、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

4 この告示の施行の際現にある附則第2項の規定による廃止前の同項各号に掲げる告示(様式の規定があるものに限る。)様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成30年3月27日告示第16号抄)

(施行期日)

1 この告示は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

名称

貸付けの目的

貸付対象者

貸付料

自動体外式除細動器

市内で開催される各種イベントにおいて、参加者が心停止状態に陥った際の救急救命活動に備える。

市内で開催され、市民を含む複数の者が参加するスポーツ競技会、祭典、式典、講習会その他のイベントを主催する団体

無料

行政告知放送端末機器等

行政情報の迅速な伝達を図る。

市内に住所を有する者で世帯主であるもの

無料

鎧冑がいちゅう

地域活性化及び市の広報宣伝に資する。

催物を主催し、又は市の広報宣伝を行う団体

無料

健康増進等器具

市民の健康の増進を図る。

自治会、老人クラブその他これらに類するコミュニティ団体

無料

備考 「健康増進等器具」とは、財団法人自治総合センター(昭和52年4月1日に財団法人自治総合センターという名称で設立された法人をいう。)が行うコミュニティ助成事業により導入したストップウォッチ、握力計、長座体前屈測定器、リカンベントバイク、エアロビックステップ、トレーニングマット及び乗馬フィットネスマシンをいう。

志布志市物品貸付要綱

平成24年3月30日 告示第33号

(平成30年4月1日施行)