○志布志市民生委員推薦会規則

平成26年9月30日

規則第20号

(趣旨)

第1条 この規則は、民生委員法施行令(昭和23年政令第226号。第3条第3項において「令」という。)第7条の規定に基づき、志布志市民生委員推薦会(以下「推薦会」という。)の委員の定数その他推薦会に関し必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 推薦会は、委員7人以内で組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから、市長が委嘱する。

(1) 市議会の議員

(2) 民生委員

(3) 社会福祉事業の実施に関係のある者

(4) 市の区域を単位とする社会福祉関係団体の代表者

(5) 教育に関係のある者

(6) 関係行政機関の職員

(7) 学識経験のある者

(副委員長)

第3条 推薦会に副委員長を1人置く。

2 副委員長は、委員の互選によりこれを定めるものとする。

3 副委員長は、令第2条第2項の委員とする。

(招集)

第4条 委員長は、推薦会の会議を招集しようとするときは、あらかじめ文書により委員に通知しなければならない。

(民生委員候補者の決定)

第5条 委員長は、市長から民生委員の欠員の通知を受けたときは、速やかに推薦会を招集し、民生委員候補者を決定しなければならない。

(会議の非公開)

第6条 推薦会の会議は、非公開とする。

(守秘義務)

第7条 委員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(幹事及び書記)

第8条 推薦会の幹事に福祉課長を、書記に福祉課民生委員担当職員をもって充てる。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、推薦会の運営に関し必要な事項は、委員長が推薦会に諮って定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に推薦会の委員である者は、この規則の施行の日に、第2条第2項の規定により、推薦会の委員として委嘱されたものとみなす。この場合において、その委嘱されたものとみなされる者の任期は、平成26年10月31日までとする。

志布志市民生委員推薦会規則

平成26年9月30日 規則第20号

(平成26年9月30日施行)