○志布志市高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業実施要綱

平成26年10月31日

告示第90号

(趣旨)

第1条 この要綱は、鹿児島県高齢者元気度アップ地域活性化事業実施要綱第2条第2号の規定に基づき実施する志布志市高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業(以下「地域包括ケア推進事業」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(基本方針)

第2条 地域包括ケア推進事業の実施に当たっては、次の効果を上げることができるよう配慮するものとする。

(1) 互助活動に取り組む任意の団体が増加し、高齢者を地域全体で支える地域支え合いへの住民意識が高まること。

(2) 互助活動を通して、地域を支える側として活躍する高齢者が増加すること。

(3) 市における地域包括ケアシステムの推進に不可欠な住民参加に関する認識が高まること。

2 地域包括ケア推進事業の実施に当たっては、個人情報の保護に留意するものとする。

(事業内容等)

第3条 地域包括ケア推進事業は、65歳以上の高齢者(以下「高齢者」という。)を含む任意の団体(以下「グループ」という。)が行う互助活動に対してポイントを付与し、ポイントを蓄積したグループの申出に基づき、蓄積されたポイントに応じて地域商品券等(以下「商品券等」という。)に交換することにより実施する。

2 ポイント付与の対象となるグループは、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 市内に住所を有する者で構成されたグループであって、次条に規定する互助活動に対し他の補助を受けていないこと。

(2) 3人以上の構成員を有し、その半数以上が高齢者であること。

(3) 代表者を定め、継続的に活動すること。

(ポイント付与の対象となる互助活動)

第4条 ポイント付与の対象となる互助活動(第10条第2項において「ポイント付与対象活動」という。)は、グループが主体的に実施する次に掲げる活動とする。ただし、活動に参加した構成員が3人に満たない場合、活動に参加した構成員に高齢者が含まれない場合又は1回の活動時間が1時間に満たない場合は、ポイント付与の対象としない。

(1) 高齢者を支援する活動

(2) 地域活性化の活動

(3) その他市長が特に必要と認める活動

(グループの登録)

第5条 地域包括ケア推進事業に参加しようとするグループは、高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業グループ登録申請書(様式第1号)に高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業グループ名簿(様式第2号)を添えて、市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請があったときは、その内容を審査し、登録の可否を決定し、高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業グループ登録決定(却下)通知書(様式第3号)により、当該申請をしたグループに通知するものとする。

3 市長は、前項の規定により登録を決定したグループ(以下「登録グループ」という。)については、高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業グループ登録台帳(様式第4号)に登録し、登録グループのグループ名、活動内容その他地域包括ケア推進事業の実施に関する事項を公表するものとする。

(登録グループの登録内容の変更)

第6条 登録グループは、前条第1項の規定による申請の内容に変更が生じたときは、高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業グループ登録内容変更届(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(登録グループの取消し)

第7条 市長は、登録グループが次のいずれかに該当するときは、当該登録を取り消すことができる。

(1) 登録の取消しを申し出たとき。

(2) 第3条第2項に規定する要件に該当しなくなったとき。

(3) その他市長が地域包括ケア推進事業に参加することが不適当と認めるとき。

2 市長は、前項の規定により登録グループの登録を取り消したときは、高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業グループ登録取消決定通知書(様式第6号)により、当該登録グループに通知するものとする。

(活動実績の記録)

第8条 登録グループは、その活動内容について、高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業グループ活動実績表(様式第7号。以下「活動実績表」という。)に記録するものとする。

(ポイントの付与の申請)

第9条 ポイントの付与を受けようとする登録グループは、高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業ポイント付与申請書(様式第8号)に活動実績表を添えて、市長に提出しなければならない。

(ポイントの付与)

第10条 市長は、前条の規定による申請があったときは、活動実績表に基づき互助活動を評価し、ポイントを付与するものとする。

2 互助活動の評価は、ポイント付与対象活動の実施回数に応じて行うものとし、活動1回に1ポイントを付与する。ただし、ポイントの付与は、1日につき1ポイントを限度とする。

3 市長は、前2項の規定により付与するポイントが決定したときは、高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業付与ポイント決定通知書(様式第9号)により、当該登録グループへ通知するものとする。

4 付与されたポイントは、他の登録グループに譲渡することはできない。

(商品券等との交換)

第11条 登録グループは、付与されたポイントを、1ポイントにつき1,000円を乗じた額の商品券等と交換することができる。ただし、1年度につき12万円を限度とする。

2 前項の交換は、1年度につき1回実施することとし、市長の指定する日までに高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業ポイント交換申請書(様式第10号)を市長に提出することにより行うものとする。

3 市長は、前項の規定による申請があったときは、その内容を審査し、交換の可否を決定し、高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業ポイント交換決定(却下)通知書(様式第11号)により、当該申請をした登録グループに通知するものとする。

4 交換しなかったポイントは、翌年度に繰り越すことができない。

(事業の評価)

第12条 市長は、毎年度、地域包括ケア推進事業の評価について計画を定め、互助活動に取り組むグループの育成及び参加する高齢者の状況を検証するものとする。

(委任)

第13条 この要綱に定めるもののほか、地域包括ケア推進事業の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成26年10月31日から施行し、同月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

志布志市高齢者元気度アップ地域包括ケア推進事業実施要綱

平成26年10月31日 告示第90号

(平成26年10月31日施行)