○志布志市社会教育関係団体の登録に関する規程

平成27年3月25日

教育委員会告示第3号

(目的)

第1条 この規程は、社会教育法(昭和24年法律第207号)第10条に規定する社会教育関係団体(以下「団体」という。)を登録することにより、団体の活動を支援し、もって社会教育及び生涯学習の振興を図ることを目的とする。

(登録の基準)

第2条 団体として登録する基準は、次の各号のいずれにも該当する団体とする。

(1) 国又は地方公共団体の支配に属さない団体であること。

(2) 組織的かつ計画的に適切な社会教育に関する事業活動(以下「活動」という。)を行い、その成果が期待できる団体であること。

(3) 活動を始めてから、おおむね1年以上の実績があること。

(4) 他の団体と積極的に連携、交流及び協力し、並びに青少年育成又は社会貢献を行う団体であること。

(5) 構成員が10人以上で、その7割以上が市内に在住、勤務又は在学していること。

(6) 誰もが時期を問わず、入退会可能な団体であること。

(7) 団体の主たる活動の場所及び活動の拠点が市内にあること。

(8) 団体で規約を有し、独立した経理を行っていること。

(9) 未成年者によって組織される団体については、成人の育成者又は指導者がいること。

(10) 次のいずれにも該当しない団体であること。

 営利を目的とする活動又はそれに類する活動を行う団体

 特定の政党の利害に関する活動又は公の選挙に関し特定の候補者を支持し、若しくはこれを支持しない活動を行う団体

 特定の宗教を支持し、又は特定の教派、宗派若しくは教団を支援する活動を行う団体

(登録の申請)

第3条 登録を受けようとする団体は、社会教育関係団体(登録・変更・更新)申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に、次に掲げる書類を添えて、志布志市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。

(1) 団体規約

(2) 役員名簿及び会員名簿

(3) 事業計画及び予算書

(4) 事業報告及び決算書

(登録の承認)

第4条 教育委員会は、団体の登録を行ったときは、当該団体(以下「登録団体」という。)に社会教育関係団体登録証(様式第2号。以下「登録証」という。)を交付する。

(登録の不承認)

第5条 教育委員会は、申請書を提出した団体が第2条各号に定める要件を満たさないと認めるときは、登録を行わず、当該団体に対し社会教育関係団体登録不承認通知書(様式第3号)により通知する。

(登録の期間)

第6条 登録の期間は、登録証の交付日から3年間とする。ただし、新たに登録された団体については、教育委員会が別に定めるものとする。

(登録の変更等)

第7条 登録団体は、登録事項に変更があったときは、速やかに申請書を教育委員会に提出しなければならない。

2 登録団体が解散する場合は、文書により届け出るとともに、速やかに登録証を返却しなければならない。

(登録の更新)

第8条 登録団体が登録の更新をしようとするときは、当該登録の有効期間が終了する日の30日前までに、更新手続をしなければならない。

2 第3条の規定は、前項の更新手続について準用する。この場合において、第3条中「登録を受けようとする団体」とあるのは、「登録を更新しようとする団体」と読み替えるものとする。

(登録の取消し)

第9条 教育委員会は、登録団体が規約、事業等の変更により、第2条の基準に適合しないと認めるときは、当該団体の登録を取り消すことができる。

(報告)

第10条 教育委員会は、登録を受けようとする団体又は登録団体に対し必要に応じて活動内容等の報告を求めることができる。

(その他)

第11条 この規程に定めるもののほか、団体の登録に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

志布志市社会教育関係団体の登録に関する規程

平成27年3月25日 教育委員会告示第3号

(平成27年4月1日施行)