国民年金のしくみ

2021年3月25日

◆年金はみんなが加入し支えあう制度です!

 

国民年金は、年老いたときやいざというときの生活を、若い世代みんなで支えようという考えで作られた仕組みです。

 

日本に住んでいる 20 歳から 60 歳までの方が加入し、保険料を納め続けることで、年をとったときや病気やケガで障害が残ったときなどに、年金を受け取ることができる制度です。

 

現役世代が納めた保険料によって、いまの高齢者の方の年金が支給され、いまの現役世代が高齢者になった時は、子ども世代が納めた保険料が年金の支給にあてられるという「世代と世代の支え合い」を基本に運営されています。

 

日本年金機構のホームページ「 20 歳になった方の手続き」

 

◆被保険者の種類

 

第 1 号被保険者

【対象者】 20 歳から 60 歳までの農林漁業を営む方、自営業者、無職の方、学生

【保険料】日本年金機構のホームページ「国民年金保険料」

【加入の手続き】ご自身での届け出が必要です。

届出が必要なとき

 

第 2 号被保険者

【対象者】会社員、公務員

【保険料】報酬額に応じて、給料から天引きされます。

【加入の手続き】勤め先を通じて届け出

 

第 3 号被保険者

【対象者】第 2 号被保険者に扶養される 20 歳以上 60 歳未満の配偶者

【保険料】個人で納める保険料はありません。

【加入の手続き】配偶者(第2号被保険者)の勤め先を通じて届け出

 

国民年金に関する詳しい情報日本年金機構ホームページ

 

 

お問い合わせ

市民環境課  市民年金係099-474-1111(内線116・119)
         E-Mail:s-simin@city.shibushi.lg.jp

 

日本年金機構鹿屋年金事務所        0994-42-5121