伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告制度について

2018年6月1日

 従来の伐採及び伐採後の造林の届出制度では、伐採や伐採後の造林の確認は不十分であり、市町村にとって確実な伐採・更新がなされているかの状況確認が困難であったことから、

市町村が伐採後の森林の状況を把握しやすくするため、平成29年4月1日から伐採後の造林の報告制度が新設されました。

 「伐採及び伐採後の造林の届出書」に基づいて立木を伐採または造林した場合、「伐採及び伐採後の造林に係る状況報告書」の提出が義務付けられます。(森林法第10条の8第2項)

 造林した森林所有者等(土地の権限を持つもの)は、造林が終わった日から30日以内に、「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」を市町村長に提出してください。

 ご不明な点がありましたら、下記までお問合せください。

 

お問い合わせ先

志布志市役所

庁 耕地林務水産課 林務水産係 TEL:474-1111(内線 423)

志布志支所 産業建設課土木耕地係 TEL:472-1111(内線 416)

松山支所 産業建設課土木耕地係 TEL:487-1111(内線 253)

 

  伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(様式).docx(25KB)

 伐採及び伐採後の造林に係る状況報告書(記載例).pdf(40KB)

  森林の状況報告チェックリスト(届出者用).xlsx(15KB)

   委任状(状況報告書).docx(16KB)

  伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告制度について.docx(16KB)

 

お問い合わせ

耕地林務水産課
林務水産係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2377