東九州自動車道「油津~南郷」、「奈留~夏井」間の新規事業採択時評価手続き着手に関する市長コメント

2019年3月1日

 本日、国土交通省から、平成31年度新規事業化の候補として、東九州自動車道「油津~南郷」、「奈留~夏井」間について、新規事業採択時評価の手続きに着手するとの発表がありました。

 

 これにより、同区間の平成31年度新規事業化に向けた、最終段階の手続きに入ることになります。本県域で唯一の未事業化区間である、「県境~夏井」間の平成31年度新規事業化に向けて、大きく前進したものと考えており、大変うれしく思っております。

 

 これもひとえに日南市・串間市・志布志市が県境を越え、官民一体となって取り組んできた成果であり、これまで御尽力いただいた国会議員、鹿児島県並びに市民の皆様、国土交通省をはじめ関係された方々に、心より感謝を申し上げます。

 

 市といたしましては、同区間が平成31年度に新規事業化され、東九州自動車道が一日も早く全線開通するよう、用地先行取得等による協力やストック効果を最大限に発揮する取組みをより一層推進するとともに、日南市・串間市・志布志市が県境を越え連携し、官民一体となり、引き続き、全力で取り組んでまいります。

 

志布志市長  下平 晴行

関連記事

お問い合わせ

建設課
高速道路対策室 高速道路対策係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-0466