オープンデータ

2020年2月20日

オープンデータとは

オープンデータとは、国や地方公共団体が保有するデータのうち、誰もが利用規約の範囲内で容易に利用(加工、編集、再配布等)できるよう、以下のいずれの項目にも該当する形で公開されたデータのことです。

1.利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの

2.機械判読に適したもの(コンピュータで扱いやすい形式)

3.無償で利用できるもの

・参考リンク:オープンデータ基本指針(政府CIOポータル)


オープンデータの意義・目的

国においては、オープンデータに取り組む意義・目的として、以下の3点が示されています。

1.国民参加・官民協働の推進を通じた諸課題の解決、経済活性化

2.行政の高度化・効率化

3.透明性・信頼の向上


オープンデータの利用について

志布志市オープンデータをご利用の際は以下の利用規約の内容にご注意の上、ご利用ください。データの利用をもって以下規約を承諾したものとします。

志布志市オープンデータ利用規約(外部サイトへリンク)

志布志市が公開するデータは、特に記載の無い限り、クリエイティブ・コモンズ(外部サイトへリンク)の表示 4.0 国際(CC BY 4.0)として公開します。


志布志市オープンデータカタログサイトについて

志布志市では、公益財団法人九州先端科学技術研究所(ISIT)が運営する「ビッグデータ&オープンデータ・イニシアティブ九州(通称「BODIK」)」公式サイト内に設けられた自治体専用オープンデータカタログサイト内に、志布志市専用ページとして開設しています。

志布志市オープンデータカタログサイト(外部サイトへリンク)

オープンデータサイトロゴ