「志布志市まち・ひと・しごと創生戦略」を策定しました

2020年4月1日

平成27年度に策定した「志布志市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」及び「志布志市まち・ひと・しごと こころざし創生戦略」から5年が経過し、引き続き切れ目ない地方創生の充実・強化を推進していくため、本市では、「志布志市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン(令和2年3月改訂版)」及び第2期「志布志市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

 


人口ビジョンとは


人口ビジョンとは、人口の現状を分析し、人口に関する意識を共有するとともに、今後目指すべき将来の方向性と人口の将来展望を提示するものです。

【本市の人口の将来展望】

区分 平成27(2015)年 令和42(2060)年
本市人口ビジョン 31,479人 25,085人
社人研(※1)推計 15,784人

 ※1「社人研」・・・国立社会保障・人口問題研究所

 


総合戦略とは


総合戦略とは、人口(長期)ビジョンを踏まえ、今後の政策目標や施策の基本的方向、具体的な施策を定めたものです。

【基本方針】

国の示した政策5原則(※2)及び市の行政経営指針(※3)に基づく政策推進
成果(アウトカム)重視の目標設定
PDCAサイクル(※4)による効果検証
SDGsの達成に向けた取組

 

【基本目標及びプロジェクト体系】

基本目標1 稼ぐ志布志をつくるとともに、安心して働けるようにする

農林水産業の成長産業化プロジェクト
新規就農総合支援プロジェクト
企業誘致プロジェクト
志布志港輸出拡大プロジェクト
国内貨物志布志港利用促進プロジェクト
地元活躍人材育成プロジェクト

基本目標2 ひとや企業とのつながりを築く

都市住民向けPRプロジェクト
移住定着拡充プロジェクト
まち思い人材育成プロジェクト
関係人口創出・拡大プロジェクト
官民連携推進プロジェクト

基本目標3 結婚・出産・子育て・教育の希望をかなえる

結婚支援プロジェクト
ウェルカム赤ちゃんプロジェクト
子育て支援プロジェクト
仕事子育て両立支援プロジェクト
こころざしアップ教育推進プロジェクト

基本目標4 魅力的で、安心して暮らせるまちをつくる

快適な生活支援プロジェクト
商工業賑わい創出プロジェクト
公共施設最適化プロジェクト
広域連携推進プロジェクト
観光パワーアッププロジェクト
環境にやさしいまちの推進プロジェクト
安心暮らし推進プロジェクト
地域防災力強化プロジェクト

※2「国の政策5原則」・・・まち・ひと・しごとの創生に向けた政策5原則。(1)自立性(2)将来性(3)地域性(4)総合性(5)結果重視

 

※3「市の行政経営指針」・・・(1)顧客満足度志向(2)成果主義(3)オンリーワン(4)先手管理

 

※4「PDCAサイクル」・・・Plan(事業の計画作成・予算編成)-Do(事業の実施)-Check(事業効果の測定・検証)-Action(事業の改善)の循環。

 


SDGsとは


SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標で、全ての関係者の役割を重視し、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現を目指して、経済・社会・環境を巡る広範な課題に総合的に取り組むものです。

SDGsの理念に沿って、持続可能なまちづくりや地域活性化に向けた取組を推進することにより、政策全体の最適化や地域課題解決の加速化が図られるという相乗効果が期待できることから、本市において、地方創生を推進するにあたっても、SDGsを原動力とすることで、取組の一層の充実・深化につなげます。

sdg_poster_ja.png


ダウンロード


志布志市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン(令和2年3月改訂版).pdf(43MB)

第2期志布志市まち・ひと・しごと創生総合戦略.pdf(44MB)

お問い合わせ

企画政策課
地方創生広報戦略係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-2281